桜庭一樹 おすすめ

GOSICK GREEN

ヴィクトリカと一弥のニューヨークでの新生活が始まりました。

周りにいる人がみんな善人でこんな環境ならいいよなーと思います。

強盗のKIDですら善人のようです。

むしろ,R3札に印刷された人とその子孫の方がむしろ悪人か。

景気の動向を無理やり操作し,銀行強盗をさせるのもその手法の一つとは。

荒唐無稽のようでいて,もしかしたら本当かもと思ってしまいました。

New life at Victorica and Kazuya New York started. I hope everyone around me is a good person and I wish it would be nice to have such an environment. Kid robbery seems to be a good person. Rather, the person printed on R3 cards and their descendants are rather bad guys. It is one of the methods to forcibly operate the economic trend and let the bank robbery do it. It seemed like absurdity and I thought it was perhaps true.

Comenzó nueva vida en Victorica y Kazuya New York. Espero que todos los que me rodean sean una buena persona y desearía que fuera agradable tener ese entorno. Robo de niños parece ser una buena persona. Por el contrario, la persona impresa en las tarjetas R3 y sus descendientes son tipos bastante malos. Es uno de los métodos para operar a la fuerza las tendencias económicas y hacer robo bancario. Parecía absurdo y pensé que tal vez

GOSICK PINK

アメリカの若々しい息吹が感じられてとても良いと思いました。

なぞはメインではないのでしょう。

ヴィクトリカと久城の新しい生活の始まりを祝福するような印象を受けました。

探偵としてのヴィクトリカの活躍が楽しみです。

I thought that the youthful breath of America was felt very good. Mystery is not the main. I was impressed to bless the beginnings of Victorica and Kujyou’s new life. I am looking forward to Victorica’s success as a detective.

Pensé que el aliento juvenil de Estados Unidos se sentía muy bien. El misterio no es el principal. Me impresionó bendecir los comienzos de la nueva vida de Victorica y Kujyou. Estoy esperando el éxito de Victorica como detective.

GOSICK BLUE

何故か、好きなんですね、このシリーズ。

謎解きも目新しいもんじゃないと思うんですけど。

設定が奇想天外でおもしろいのかなぁー。我ながら不思議です。

(disってるわけじゃないです。誤解なきよう。)

Why, I like it, this series. I think that solving puzzles is nothing new. I wonder if the setting is funny and interesting. I am wondering why. (It does not mean I do not have a misunderstanding.)

Por qué, me gusta, esta serie. Creo que resolver acertijos no es nada nuevo. Me pregunto si el entorno es divertido e interesante. Me pregunto por qué. (No significa que no tengo un malentendido.

GOSICK RED (単行本)

キャラクターが面白いですね。

謎解きそのものはそうでもないんだけど,話の展開がやはり達者だなーと思います。

FBIの闇についても書いてくれると嬉しいです。

The character is interesting. The puzzle itself is not so, but I think that the expansion of the story is still a master. I am happy to write about the darkness of FBI.

El personaje es interesante. El enigma en sí no es así, pero creo que la expansión de la historia sigue siendo un maestro. Me complace escribir sobre la oscuridad del FBI.

GOSICK VIII 下 ゴシック・神々の黄昏‐ (角川文庫)

久城君とヴィクトリカがお互いの思いに気付きましたねぇ―。

瑠璃姉さんが久城君に抱く違和感,これが成長なんですねぇー。

上巻と混ざっちゃってますけど。

これから新天地で活躍だ。

Kujyou and Victorica have noticed each other ‘s thought. The sense of incongruity that Ruri sister holds in Kujyou, this is growth, is not it? I am mixed with the first volume though. From now on it will be an active part in the new place.

Kuiyou y Victorica se han notado mutuamente. La sensación de incongruencia que tiene la hermana Ruri en Kujyou, esto es crecimiento, ¿no es así? Sin embargo, estoy mezclado con el primer volumen. A partir de ahora será una parte activa en el nuevo lugar.

GOSICK -ゴシック- VIII 上 ゴシック・神々の黄昏 (角川文庫)

ラストに向けて登場人物たちの整理をしているような感じを受けました。

今まで遊んでいた部屋の整理って言ったら怒られるかな。

もちろんお話は面白いです。

ミステリーではないですけどね。

I felt like I was arranging the characters for the last. I wonder if I told you to organize the room I had played so far. Of course the story is interesting. It is not a mystery though.

Sentí que estaba organizando los personajes para el final. Me pregunto si te dije que organizaras la habitación que había jugado hasta ahora. Por supuesto, la historia es interesante. No es un misterio sin

GOSICK VII ゴシック・薔薇色の人生 (角川文庫)

前2作に比べて文章がなめらかというか,もたつき感がなかったです。

映像が脳裏に浮かぶようでした。

GOSICK VI ゴシック・仮面舞踏会の夜 (角川文庫)

登場人物の謎が次々の暴かれて面白かったです。

 

 

GOSICKV-ゴシック・ベルゼブブの頭蓋- (角川文庫)

いつも通りトリックというか謎はそうでもないんですけど、ヴィクトリカの母親が登場したりとか、お話の展開が上手だと思います。

GOSICK IV-ゴシック・愚者を代弁せよ- (角川文庫)

ヴィクトリカとアブリルの両方から思いを寄せられ一弥君モテモテですね。

4巻まで読みましたが飽きませんね。

面白い。

GOSICK 3 ゴシック・青い薔薇の下で (角川文庫)

グレヴィール警部の髪型の由来,部下の二人がなぜ手をつないでいるのかが分かりました。

解説に書いてありましたが,一弥とヴィクトリカのビルドゥングスロマンとしても読めるのではないかと私も思います。

GOSICK II ゴシック・ その罪は名もなき (角川文庫)

面白いですわ。

1巻もですけど,ミステリー自体はそんなでもないんですけど,物語が面白いんですわ。

あとがきに書かれていましたけど,ミステリーをあまり読んだことのない人向けの入門書の様なものとして書かれたんだとか。

納得。

GOSICK ―ゴシック― (角川文庫)

ゴシックレッドが面白かったので最初から読んでみようと思って読んでみました。

いや,面白いですわ。

謎解きはそうでもないんですけど,キャラが面白いし,二人の仲がどう発展していくのかとか,ヴィクトリカの出自とか,物語として面白いです。

金原氏のあとがきを読んで,なーるほど伝統的なミステリーの伝統を受け継いでいるのだんだーと納得。

ほんとうの花を見せにきた

よくこういう設定思いつくよなぁーと感心します。

面白いです。

桜庭一樹短編集

どの作品もエガッター。

私としては「冬の牡丹」と「赤い犬花」が特にエガッター。

前者は才能と美貌に恵まれながらも,ぱっとしない人生を送る女性の無念というか,納得いかない感じが出ててよいです。

後者は,家族に恵まれない少年同士の命をかけた冒険と友情(って書くと陳腐ですけど)が描かれています。

桜庭さんの才能に脱帽だぜぃ。

無花果とムーン

慕っていた兄が突然死んでノイローゼ状態になった少女が回復する過程を描いたものと解釈すると,底の浅い読み方ですかね。

でも,月夜が友だちに嫌われていく様子が,うつ病にかかった人が周りから疎んじられていく様子にそっくりな気がしました。

伏 贋作・里見八犬伝

ゴシック以外にも読んでみようと思って手に取りました。

こちらも面白かったです。

凄いですね,

桜庭さん。毛野の独白の部分,作り話とは思えないほど真に迫っていたと思います。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない―A Lollypop or A Bullet

これもまた凄いと思いました。

途中鳥肌が立ちました。

嘉月堂のプロフィール

 

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です