アンゴルモア 第1巻から第10巻 ネタバレ あらすじ

TVアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』より、アクリルキーホルダー、54mm缶バッジ、メタルアートドッグタグの登場です!

アンゴルモア 元寇合戦記 (1) 

対馬に流された朽井迅三郎達流人は、蒙古と戦うよう求められる。

その夜、島主宗助国の娘 輝日姫が蒙古の仮面武者達にさらわれる。

迅三郎が助ける。

仮面武者は迅三郎と同じ義経流兵法の使い手だった。

九州鎮西家の少弐景資は援軍を送る約束をする。

対馬勢はいったん蒙古軍を押し戻す。

しかし火薬で形勢が逆転、宗助国、その長男が討死、迅三郎が戦列が伸びきった蒙古への反撃を提案する。

アンゴルモア 元寇合戦記 (2) 

対馬に上陸した蒙古軍に迅三郎たちは突入。

迅三郎たちを包囲しせん滅するために退却を装った蒙古軍の流れに乗じて迅三郎は本陣に突入し大将を討ち取る。

迅三郎たちは夜襲をかけるが和人の中に裏切り者がいてピンチになる。

防人の末裔たちの援護がありピンチを切り抜ける。

女真族の副官とか色々出てきて面白いです。

漫画は絵があってわかりやすいのでよいですね。

アンゴルモア 元寇合戦記 (3) 

夜襲をかけ退却する迅三郎たちの前に女真族の副官劉復亨が立ちはだかる。

迅三郎と劉の一騎打ち。

劉と迅三郎はお互いに切っ先がかすめる。

劉は迅三郎を倒すことに執念を燃やすが,朽木はさっさと森に退却する。

対馬勢は国府を目指すが,既に国府は蒙古軍に焼き払われている。

蒙古の斥候の目を逃れるため対馬勢は森に隠れる。

無念の思いから輝日姫は斥候に矢を射かける。

対馬勢の存在が判明してしまうのも時間の問題。

迅三郎たちは山の中の細道を使った要塞を作り蒙古軍に打撃を与える。

しかし,蒙古軍は火薬による攻撃を仕掛け対馬勢に打撃を与える。

アンゴルモア 元寇合戦記 (4) 

火薬の攻撃を受け迅三郎達は北に退却する。

倭人を蒙古軍と高麗軍が挟撃する。

これが仲が悪く戦利品をめぐって殺し合いをする。

朽井は元幕府御家人だが2月騒動に巻き込まれ流刑に処せられる。

2月騒動とか身内人とか教科書読んでもよくわかりませんでしたが,漫画にしてもらうとよくわかります。

蒙古と高麗の内紛とかもよくわかります。

北条時宗も(実際はどうだか知りませんが)イケメンの切れ者というイメージがわきます。

安徳天皇がまだ生きているとか面白すぎじゃないですか。

アンゴルモア 元寇合戦記 (5) 

安徳天皇は迅三郎の剣が義経の今剣であることを見抜く。

なぜならそれは壇ノ浦の戦いで安徳天皇から義経にあげたものだから。

壇ノ浦の戦いの回想。

安徳天皇から刀伊祓への勅書が送られる。

それは地頭の娘輝日姫たちを蒙古軍から匿うようにといった内容。

刀伊とは昔鮮卑の攻撃を防ぐため対馬に配置された防人の末裔。

迅三郎達は刀伊祓の城に逃げ込む。

刀伊と迅三郎たちは城の防衛やお互いになんとなく気に入らなくて小競り合いをする。

喧嘩をして仲直り。

しかし倭人の中に蒙古に取り込まれた元盗賊の内通者がいて城が攻略されることになる。

アンゴルモア 元寇合戦記 (6) 

博多の少弐影資は対馬援軍を準備する。

対馬側は半信半疑だが迅三郎は輝日姫に援軍は来ると告げる。

それは士気を維持するため。

流人の白石は先に蒙古に寝返った男衾を殺して自分が裏切り者になる。

九州に領地を得、離散した家族を集めることを夢見る。

流人の少年阿無志もまた両親を犬の面の盗賊に殺された過去を持つ。

ストリートチルドレンのリーダーだったが捕らえられる。

白石の手引きにより蒙古軍は金田城にまっすぐ進撃。

正門を攻撃すると見せかけ白石の手引きにより裏門から侵入。

刀伊の長老たちは500年受け継いだ森に硫黄を使い火を放つ。

アンゴルモア 元寇合戦記 第7巻 

金田城に侵入した蒙古軍は森ごと焼く戦法で焼き払われる。

蒙古軍本体は退却する。

迅三郎は蒙古の大軍を見てスズメバチの大軍を思い出す。

それは子供の時の鞍馬山での義経流の修行。

義経流を身に着けるためにスズメバチと対決し顔が晴れ上がり死にそうな目に合うこと2回。

3回目で極意を身に着ける。

鵯越の逆落としに似た戦法で蒙古軍を急襲。

大将ウエリヤンエディの戦意をくじく。

内通者白石を迅三郎が討つ。

白石は土地を騙し取られ手段を選ばなくなった。

夜,迅三郎は義経を使う謎の男と対決。

また金田城の周りに動物が集まる。

大軍に追われたのか?

アンゴルモア 元寇合戦記 第8巻 

蒙古の皇族ウリヤンエディは退却したが,今度は高麗軍が攻めてくる。

高麗は30年間抵抗した後に蒙古に服属。

皇子のシンは蒙古内での序列を上にするために蒙古の王女と結婚し,日本遠征で武功を建てようとする。

諫める父王や元忠臣を撃ち殺してまでも。

高麗軍の大将はシンの武将金方慶。

高麗軍は全軍で金田城を攻める。

金田城は大軍に囲まれ,海からも蒙古の大軍が押し寄せる。

輝日姫は長峰判官に城を落ちることを提案。

阿無志,火垂、導円も適宜逃げることにする。

少弐景資は援軍を父から止められる。

対馬勢は知らないが,援軍の望みは絶たれる。

迅三郎たちはどう戦うか?

アンゴルモア 元寇合戦記 (9)

蒙古が金田城の南門に殺到する。

長嶺判官は迅三郎に東壁援護を頼む。

南門の物見を扉に後ろに廃止守りを固めたが,漢人の火薬に易々と破られる。

判官、タツ討死。

蒙古軍が城内に進入し迅三郎たちは退却する。

鬼剛丸は女真族の船に阻まれ島に戻る。

阿無志とサナは子供たちを連れて逃げる。

火垂は迅三郎達を援護し,漢人の鉄砲と対決。導円も鉄砲にやられる。

迅三郎は女真族に襲われ窮地に陥るが,鬼剛丸に救われる。

鬼剛丸は女真族の大将と対決。

頂上の倭人たちは蒙古軍に殺戮される。

迅三郎が血路を開こうとするが爆風に飛ばされ海に落ちる。

倭人の惨状を見て安徳天皇は何を考えている?

アンゴルモア 元寇合戦記 (10)

迅三郎が海に落ち対馬軍は指揮官を失う。

残った者たちで戦おうとするが彼我の戦力の差はいかんともしがたい。

殺戮と凌辱がソフトに描かれている。

権太楼が森に火を放ち煙に紛れて輝日姫を連れて逃げようとする。

しかし撃たれ,鹿乃が輝日姫を逃がそうとするが断念し首を絞める。

鹿乃が捕まり無数の蒙古兵に凌辱される。

阿無志は蒙古兵の焚火に爆薬を放り込むが海に飛び込む前に矢で射られる。

サナも海に飛び込む。

迅三郎は鎧を切り離し地上へ。

敵の大将を追い込むが護衛に阻まれる。

息を吹き返した輝日姫と再会。

生き残った島民とも再会。

また戦える。

安徳天皇は何やってんだ?

嘉月堂のプロフィール

 

TVアニメ『アンゴルモア元寇合戦記』より、アクリルキーホルダー、54mm缶バッジ、メタルアートドッグタグの登場です!

アンゴルモア 博多編 第1巻へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です