ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー  あらすじ

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリーを見てきました。

映画「 ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を見てきました。

夏休み。朝8時30分からの上映。地元のイオンシネマに行ってきました。

駐車場は閑散としていますが、映画館はぱらぱらとお客さんがいました。

中学生らしき男の子2人がそばにいます。特大のポップコーンを持っている。
「それ食べるの?」と聞いてみたい気がしました。

若き日のハンソロの冒険物語です。

愛機ファルコン号を前の所有者ランドから手に入れるいきさつ,

相棒チューバッカとの出会いが描かれています。

ハンソロと幼馴染の女性がボスの支配から脱出しようとするところから物語は始まります。

チューバッカとの出会い ハンソロとチューバッカの友情はどうして築かれたのか?

ハンソロといえば,チューバッカ。

ハンソロは嘘つきだし,アウトローなので信用できないという感じがします。

しかし、チューバッカとは絶対の信頼関係がある。

謎です。

なぜチューバッカとは厚い信頼関係があるのか。

チューバッカ出会いは,帝国軍の戦場です。

帝国軍から化け物の檻に入れられ,食われることになったハンソロ。

そこにいたのは毛むくじゃらの化け物。

ですがよく見るとおなじみのチューバッカ。

ハンソロはチューバッカに二人でお芝居をし逃げだす計画を持ちかけます。

無事逃げ出し,今度は列車強盗。

チューバッカが列車から落ちそうになるが,ハンソロが見捨てず助ける。

次は,核兵器並みの威力を持つエネルギーを奪いに行った星での出来事。

その星では鉱山でドロイドや宇宙人が奴隷として働かされています。

ランドの相棒のドロイドがドロイド解放のためにひと騒動起こします。

それに乗じて反乱がおこり,チューバッカと同じ種族の者たちも解放されます。

それはチューバッカがハンソロとの燃料探しの任務をを放棄して仲間を助けたから。

その時,ハンソロはチューバッカを咎めず好きにさせます。

チューバッカは190歳

こんな経緯で二人の絆は強くなります。

おかしかったのは,ファルコン号で鉱山の星からに出だすとき。

ランドのドロイドが壊れてしまったのでハンソロ一人で操縦します。

後ろでチューバッカが見ています。

操縦が分からないハンソロを見て,チューバッカが手助けをする。

ハンソロ「どこで操縦覚えたの?」

チューバッカ「#$%%&’’」

ハンソロ「え?190歳なの。若く見えるね。」

さすがアメリカ人。どこでもユーモアを忘れません。

こうしてファルコン号で活躍する名コンビが誕生しました。

嘉月堂のプロフィール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です