ミスターインクレディブルファミリー ネタバレ

インクレディブル・ファミリー

インクレディブル・ファミリーを見てきました。

インクレディブル・ファミリーの前にこれが上映されました。

中国人(だと思います。)夫婦がいます。

奥さんが朝食に小籠包を作っています。

そのうちの一つが赤ちゃんになります。

奥さんは赤ちゃんを大事に育てます。

お腹がすいて頭が凹んだ時は具を食べさせます。

友達とサッカーをしている時に危険な目に合うと、奥さんがスライディングタックル。

赤ちゃんは少年になり、子供部屋に奥さんを入れなくなります。

思春期には友達をサングラスをかけ車で出かけます。

ある日大きくなった赤ちゃんはガールフレンドを連れてきます。

ガールフレンドと結婚するのでしょう。

家を出ていこうとしますが、奥さんがドアに立ちはだかります。

出ていこうとする小籠包を奥さんが体を張って押しとどめます。

しばらく格闘します。

そしてとうとう・・・。

奥さんは小籠包を食べてしまいました。

奥さんは寝込んでしまいます。

旦那さんがそんな奥さんのところに青年を連れてきます。

あれ?

小籠包?そうです食べたのは比喩だったのです。

きっと仲たがいの比喩だったのでしょう。

奥さんと子供は和解します。

奥さんは元気を取り戻し、こどもの彼女とも仲良く暮らします。

めでたし、めでたい。

いよいよインクレディブルファミリーの始まりです。

町に悪者アンダーマイナーが現れます。

家族そろってアンダーマイナーをやっつけます。

ところがインクレディブルファミリーの活躍のおかげで町が壊されたと非難されます。

ヒーローは法律で活躍できないことになってしまいます。

インクレディブルファミリーはモーテル住まいになってしまいます。

そこに一人の男が現れ、ヒーローを法律で認めさせようと持ち掛けます。

ミスターインクレディブルは乗り気になります。

奥さんと友達のこの人と一緒に話を聞きに出かけます。

3人はすっかりやる気になります。

男の提案によりヒーロー活動はイラスティガールが行うことに。

ミスターインクレディブルは家事、育児。

ところが末っ子のジャックジャックが強力なパワーを持っていることが判明。

眼からレーザービームを発射。

体が燃える。

分身したり,怒るとモンスターに変身したり。

疲れ果てたミスターインクレディブルは、知り合いのデザイナーにジャックジャックの子守を依頼。

この人が凄くて、ジャックジャックの能力を制御するスーツを一晩で作り上げる。

どうにか一段落

悪者はスクリーンスレイバー

悪者スクリーンスレイバーは放送をジャックし、人びとを催眠状態に陥れる。

イラスティーガールがスクリーンスレイバーを逮捕。

一件落着かと思われたが。

ヒーロー活動を合法化しようと持ち掛けた男の水中翼船にヒーローたちが集まる。

世界各国の首脳が集まりヒーローを合法化する条約に調印するためだ。

しかしヒーローたちは謎のゴーグルをかけられ水中翼船の操縦室を破壊し、街に激突させようとする。

バイオレット ダッシュの活躍

そこへ子供たちがインクレディービールに乗って駆け付け,ゴーグルを外し,スクリーンセイバーをやっつけ、めでたし。

バイオレットの恋

バイオレットは同級生のトニーと映画に行く約束をします。

しかしアンダーマイナー事件でヒーロー活動を目撃されます。

ミスターインクレディブルはエージェントに相談。

エージェントはトニーの記憶を消去。

何とバイオレットの記憶を全て消してします。

当然約束の日に現れません。

落ち込むバイオレット。

何とか元気を出させようとするミスターインクレディブル。

真相を知ったバイオレットが怒る怒る。

ダッシュの算数

ダッシュは算数が苦手。

ミスターインクレディブルはやり方が違うので戸惑う。

徹夜で勉強し、教えます。

偉いお父さんですねぇー。

嘉月堂のプロフィール

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です