古野まほろ おすすめ NOTおすすめ

新任巡査

新任巡査が着任して先輩たちからいろいろ指導されますが、警察ってすごいんですね。

みんなスーパーマンに思えてきます。

交番にいるおまわりさんを尊敬のまなざしで見なければいけないなと思いました。

とはいえ、女子高生行方不明事件が解決されるあたりまでは、少々退屈であることを覚悟した方がよろしいでしょう。

不良警察官がひとり出てきますが、これ以外は、「なにこれ警察の宣伝?」と思わないでもないです。

経験者が書いているためリアリティーはあるのでしょうから、警察のことを詳しく知りたい方には良いかもしれません。

ヒクイドリ 警察庁図書館

意外な展開で大変面白いです。

惜しむらくは大物であるはずのスパイマスターが、どこがすごいのかわからなかったことです。

副知事だってことだけで、実力のほどが全く分かりませんでした。

ただのお間抜けさんに思えました。

身元不明 特殊殺人対策官 箱崎ひかり

帯に「元警察官僚が手掛けたリアル警察小説」とあります。

舞台が近未来のためか,私にはあまりリアルに感じられなかったです。

ゴスロリ(正確には違うそうです)の警視が主人公ですが,水戸のご老公みたいだと思いました。

本人も実力あるんだろうけど,警察庁長官の娘なら何でもありなのか?

浅見光彦は警察庁刑事局長の弟ってことだけで,周りの刑事が土下座せんばかりになってましたけど。

元警察官僚が書くんだから本当なんでしょうね。

頭悪いので展開の速さについていけないところが多々ありましたが、トリックは面白いと思いました。

外田警部、TGVに乗る

外田警部のキャラクターが面白いです。

私は,謎の部分はすこーしくどく感じました。

ストーリー性があると面白いんではないでしょうか。

ストリート・クリスマス Xの悲劇’85

内務省本省に過激派が侵入するというお話です。

舞台設定は正直大げさすぎます。

犯行の動機が警察官になった過激派の母親がその記録を消すっていうんだもんねぇー。

極大の舞台設定に極小のネタという印象でした。

外田警部、カシオペアに乗る

面白いです。

「農協の経理のようなとぼけた顔」

「陳腐になでつけた髪はまさに田舎公務員」

「陳腐になでつけた髪はどう見ても田舎の信用金庫の外回りさん」

というのが,外田警部の外見なんですが,

農協の経理さん,田舎公務員,田舎の信用金庫の外回りさんの実物とあっていないと思います。

(最近はイケメンもいますよ。)

他の本での過激派に関する記述も実物とかけ離れてましたけど(あくまで私が見たことがある過激派ですが),本当は見たことないんじゃないでしょうか。

セーラー服とシャーロキエンヌ 穴井戸栄子の華麗なる事件簿

古野まほろさんって女性だとばかり思ってましたけど、男性なんですね【?】

この本は少々衒学的で私にはなかなか意味が分からない部分が多かったです。

パダム・パダム Eの悲劇’80

警察って面白いネタが無尽蔵にあるんですね。

この本も面白かったです。

「あの場面」はあり得ないと思いますけどね。

読めばわかると思いますが。

それに日常会話で「ご案内のとおり」って言葉を使う過激派っているのか。

絶対いないとは言わないですけど。

「成田空港」に関心が高かった人たちは言わない雰囲気だったですよ。

嘉月堂のプロフィール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です