辻村深月 おすすめ

図書室で暮らしたい

辻村さんのエッセイなどを収録したものです。

昔から大変本好きで、高校生のころから小説を書いていたそうです。

辻村さんの人となりがわかります。

ただ、1500円は・・・高いかな?

ハケンアニメ!

ハケンアニメを「派遣社員が書くアニメ」と勘違いしていました。

アニメ業界の悲惨さを描いたものかと。

「はけん」とは「覇権」の意味だったのですね。

アニメにかける業界の人々の熱い気持ちが伝わってきました。

きっとよく取材されて書かれたのでしょう。

あとがきにも責任は一切著者にあると書かれています。

作者さんはきっと真面目な人なんだろうと思いました。

アニメ業界だけでなく市役所の様子とかもよく取材されたのでしょう。

目に浮かぶようでした。

惜しむらくはお祭りのあたりがいささか都合がよろしすぎたかなと思います。

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です