よしもとばなな  占いのおばちゃんか?

サーカスナイト

今回のバナナワールドは物の記憶が見える点が新しいのかもしれません。

この点で思い出すのは京極堂シリーズの榎津礼二郎です。

(京極堂シリーズ新刊でないかなぁー。)

文章力がある占い師のおばさんが書きそうな小説だなーと思いました。

庶民のようだけど実は雲の上の高みから「おばちゃん、あんたのつらいことはみーんなわかってるよ。

たいへんだよねぇー。

おばちゃんが癒してあげるよ。」というお言葉を頂戴している感じです。

これが私にはしっくりこないんだろうと思います。

「俺のつらさがそんな簡単にわかってたまるか」という感じですね。

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です