中島義道 おすすめ

非社交的社交性 大人になるということ

「生きることそのこと」の意味を考えていると、カルトに勧誘されて洗脳されてしまうから、現代の若者は防衛本能が働いて考えないんじゃないかと思います。

そうすると免疫ができていないから、凄く軽かった奴が、いきなりカルトに入って路上で勧誘とかするんですよね。(実体験)

洗脳のシステムが発達しているから、ちょっと批判能力があるくらいじゃやられちゃうと思います。

基本は、睡眠を与えないで頭のメモリーをパンクさせるんだそうです。

中島先生みたいなまともな人に教育されれば幸せだと思います。

(たぶん少数意見だと思いますけど。)

「時間」を哲学する

読後感爽快です。

著者の主張が明確に述べられていてよいです。

私にはきっと哲学書は新書レベルのものしか理解できないと思いますけど、何が言いたいんだかさっぱり分からない小説よりもよっぽどよいです。

著者はハイデガー、ラッセル、ベルグソン、レヴィナス、カント、ヘーゲル、名だたる哲学者をひるむことなく批判します。

批判を控えるなら思想史をやればよい。

哲学はそういうもんじゃないというようなことを書かれてますが、さすがだなぁー。

中島先生,若いころは語り口がソフトだったんだなとも思いました。

(今はもっとラディカル)

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です