浅草紅団・浅草祭 川端康成著 感想

浅草紅団・浅草祭

土曜日の朝日新聞に紹介されていたので読んでみました。

何となく墨東綺譚のようなものを想像していたんですが,浅草祭はともかく浅草紅団は全然違いました。

江戸川乱歩が書いているような感じで,明智小五郎とか少年探偵団とか出てきそうでした。

当時の浅草には浮浪者があふれていたそうですが,ちょっと前まで隅田川沿いに青いビニールシートが並んでいて(今は撤去されたのか?)場所は少し違うけど今も昔も変わらないのかなぁー。と思いました。

いやむしろ,事態はもっと悪くなって日本全国に浮浪者があふれるのかなぁと思いました。

嘉月堂のプロフィール

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です