島田雅彦 感想

虚人の星

多重人格者を登場させて、現在の政治を風刺したものだと思います。

フィクションだとは思いますが、リアリティーがあって、「あー、そういうことだったんだ。」と納得。

政治評論家の解説より分かりやすいかも。

ニッチを探して

才能と期待を感じさせる割に・・・。

なんだろうなー?ホームレスとしての流天と最後の危機一髪の部分は面白かったんだけど、最後にさて・・・,何がテーマなのじゃ?

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です