カーター・ディクスン 感想

ユダの窓

久々に本格ミステリーを読みました。

最後の謎ときまで退屈な叙述を辛抱するのを覚悟していましたが,予想と違いました。

全編にわたって興味深く読めました。大変面白かったです。

白い僧院の殺人

密室殺人の謎が,簡単明瞭ないきさつでできていることに感心しました。

というか,犯人でない者の偶然の行為によりできた結果です。

真犯人でさえ,計画的な殺人を行っていない。

偶然が重なってたまたまできた謎でした。

いつもながら,濃密な文章を書くなぁと感心します。

最近では,京極夏彦氏くらいかな。

みんな割とあっさりですからね。

プレーグ・コートの殺人

「岩塩弾」か・・・。

知らないそんなもん。

ホラー調のストーリー,共犯者の意外性、人の入れ替わりなど、ストーリー自体はわかりやすく面白いと思います。

でも、「岩塩弾」は、日本人に判示身がないからねぇー。

どうかと思いましたが,そもそも、日本人が読むことは想定していないか。

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です