大いなる眠り レイモンド・チャンドラー 感想

大いなる眠り

薄いからだろうけど,マーロウシリーズで筋が一番よくわかりました。

情景描写がちょっとかったるいかな。

でも面白いです。

ロスアンぜルスって1930年代に既にこんなに腐敗してたんだって,改めて感心(?)しました。(ほんじゃ今どんだけ腐敗してんの?)

さすが,アメリカ。

土地は先住民から強奪し,労働力は奴隷から搾取し,お金持ちになったおかげで,こんなクレイジーな社会ができたのね。

なるほど「正義,正義」ってうるさくいうわけだ。

そんなごまかしできないまともな奴は(マーロウみたいに)酒を飲まずにいられないのかな?

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です