スノーマン ジョー ネスボ著 感想

スノーマン 上

朝日新聞で紹介されていたので読みました。

北欧ミステリーって、倒錯的、メランコリック(ユーモアに欠ける。)という点は共通してますね。

マイシューヴァルとペールバール―はいくらかユーモアありましたけどね。

とにかく名前が覚えられない。

(名前が変化するドストエフスキーほどじゃないけど。)

スノーマン 下

朝日新聞で紹介されていたので読みました。

名前が覚えられない。

章が変わるわけでもないのに、場面がいきなり変わるから、話についていくのに苦労する。

おまけに犯人も全然意外性ないしって、どうなのよ?

日照時間が短いとみんなこういう雰囲気なのかなー。

マルティン・ベックは憂鬱症みたいだったけど、グンバルド・ラーソンみたいなユーモアのあるキャラクターもいたんだけどねー。

最近の北欧ミステリーってみんな暗いんですか。

嘉月堂のプロフィール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です