ビリギャル 感想

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話

1年で偏差値を40も上げるなんてよく頑張ったと思います。

でも,へそ曲がりといわれると思いますが,普遍性はないのではないでしょうか。

さやかさんが最初からモチベーションが高かったり,不思議と最初から小論文のセンスがあったり。

ふつうこういうところが一番難しいですからねえ。

勉強方法もあまり書かれていないので,勉強方法の本としてよりも,世の中にはこういうこともあるんだなーと思って読みました。

人間は9タイプ 子どもとあなたの伸ばし方説明書

学習指導は,その子のタイプに応じて行うべきである。

わかっているようでいてなかなかできないことだと思います。

そもそもその子がどのタイプか把握することが難しい。

というか,9つのタイプを覚えきれない。

最近,上司のキャラがよくわからなくてこの本を参考にしたら,どうやら統率者タイプのようでした。

私は研究者タイプだそうで相性は悪くないはずなんだけど。

どうも私人間関係に鈍感で,深い憎悪を持たれているようです。

蛇みたいなんだもん。

怖い。ちなみにうちの子は2人とも調停者タイプ。

はっきり言って受験には向かないそうです。

やはり。

嘉月堂のプロフィール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です