シャドーイングの本 感想

シャドーイング・音読と英語コミュニケーションの科学

どうすれば英語が得意になるのか知りたくて読みました。

「シャドーイング」って「瞬間英作文トレーニング」に書いてあったような気がしましたが、どうやら勘違いでした。

本書を読んで私が考えていたのは「パラレルリーディング」だとわかりました。

「シャドーイング」はテキストなしみたいです。

ハードル高そうだけど、自分のレベルにあった英文でやればいいそうです。

英語上達12のポイント

題名からもっと実践的な内容を期待していましたが、研究発表のようでした。

結局どうすればいいのか。大量のインプットが必要ということくらいしか覚えられませんでした。

著者の他の本に書かれていた「シャドーイング」も取り入れた方法をとればいいのかな。

嘉月堂のプロフィール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です