門井慶喜 感想

東京帝大叡古教授

日露戦争とポーツマス条約のころのお話です。

「坂の上の雲」を一時期熱心に読んだので、日露戦争に勝ったとはいえ、日本も破産寸前だということは知っていました。

まあ後知恵なんですけど、講和反対なんて何言っちゃってんの?って思ったりしてるところへ、動機があんまり高尚すぎて、遠くから物を眺めるっていうのか、(当たり前ですけど)他人事っていうか、偉い人は違うよなぁーって、ミステリーに対する感想ではないような感想を持ちました。

旗本の娘なのにさんざん苦労したおばあさんとかのほうが印象に残りました。

ホテル・コンシェルジュ

興味深い謎ってほどでもないので引き込まれるっていうのでもないんだけど,さらっと新幹線の中で読んだりするのに適している感じです。

表紙の絵はフロストシリーズと同じ人が書いたのかな。

嘉月堂のプロフィール

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です