五十嵐貴久 贖い リターン 感想

贖い

この本面白いと思います。犯人は、早い段階でわかります。

しかし、物語の進行に合わせて小さな謎も仕掛けられ,飽きない作りになっています。

こう書いていると,ディズニーランドのアトラクションのようですが,それよりも面白いと思います。

犯人の意外性とか,トリックとかではなく,みんな何かしらの苦労があるんだなー,人生大変だよなと思える小説だと思います。

リターン

超人的な犯人の想像を絶する反抗なので、最後はあいまいにされるんだろうなと思っていたら違いました。

グロテスクなまでにきっちり書かれていて変なもやもや感はありません。

犯行の動機とか、犯人のことをもっと描いてほしかったかなぁ。

嘉月堂のプロフィール

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です