からくりサーカス 漫画 第2巻 ネタバレ

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

からくりサーカス 第2巻

勝 第9幕 才賀屋敷へ

さらわれた勝をしろがねと鳴海が追う。

阿紫花によれば、勝は叔父 才賀善治にさらわれ、軽井沢の別荘にいる。

別荘は70人のヤクザに守られ、様々な仕掛けがある。

阿紫花は、鳴海としろがねに先に別荘を攻撃させ、その後攻め込む算段。

鳴海としろがねは正面から突入。

勝 第10幕 突入

鳴海は拳法で敵をやっつける。強い。

しろはねは勝を見つけに行く。

阿紫花の「ぶっ殺し組」も突入。

善治は勝を、勝の父の部屋に連れていく。部屋にはからくり人形がいっぱい。

数体の人形がなくなっている。善治は、勝の兄姉が人形を使い勝を殺すために盗んだのだという。

善治は勝に、守ってあげるから養子になれという。

勝 第11幕 からくり門 連獄

別荘の正門は、からくり門「連獄」。

阿紫花達「ぶっ殺し組」の兵隊が、連獄の仕掛けに狙撃される。

からくり人形で門を壊そうとするも、門の仕掛けに人形は壊され、人形使いは殺される。

しろがねとあるるかんが、連獄を簡単に破る。

善治が、しろがねと鳴海を殺すように、部下に命じるのを聞いた勝が逃げ出す。

勝 第12幕 父のファイル⓵

正門から「ぶっ殺し組」のからくり人形を人形使いが突入する。

高見とテオゴーチェが立ちはだかり、「ぶっ殺し組」の人形と人形使いを爆殺する。

あるるかんとテオゴーチェの戦い。あるるかんはテオゴーチェの爆弾ボールを全て受け止め、投げ返し爆殺する。

勝は、隠れている部屋で、父の研究ファイルを見つける。

勝 第13幕 父のファイル②

阿紫花は、自分たち人形使いについて、鳴海に話す。

人形使いは、元々、近畿地方の村出身。平安時代から、神楽の人形舞を奉納し、「黒賀の者」と呼ばれている。

黒賀の者が使う人形を作っているのが才賀家。

才賀家は、からくり人形師たちの集団。黒賀の人形舞が行われなくなっても、からくり人形を作り続けていた。

才賀家は、作った人形を黒賀の者に使ってもらい、使い心地を報告してもらっていた。

黒賀の者は、人形を使い、非合法の世界でいろんな仕事をこなし、有名になる。

勝の父のファイルには、勝の遺産相続をめぐって才賀家が黒賀のものを巻き込んで争い、人形と人形使いを滅ぼす計画が書かれていた。

勝はこの計画の「エサ」だそうである。

勝 第14幕 奈落

鳴海としろがねは、落とし穴に落ちてしまう。

しろがねをかばった鳴海は、重傷を負う。

 

善治は、勝の抵抗の意思をくじくため、鳴海としろがねの死体を勝に見せようとする。二人の生きている姿を見て、勝は勇気づけられる。

勝 第15幕 行動

しろがねと鳴海が生きていることを知った善治は、水を流し、二人を穴に落とそうとする。

穴には刃が仕掛けてあり、落ちると切り刻まれてしまう。

両腕を縛られた勝は、しろがねと鳴海と救うために、水を止めるレバーにかじりつく。

勝 第16幕 上と下

勝は水を止めることに成功する。

しろがねと鳴海は、穴に落ち、刃と刃の間にスーツケースを渡し、その上に乗る。

しろがねがあるるかんを始動し、穴から脱出する。

勝は、別荘の窓から飛び降りる。

勝 第17幕 勝の誕生

勝は、いったんは落ちるところを善治が出した棒に引っ掛けられる。しかし勝は自分を変えることを決意し、自分から落ちる。

勝は、阿紫花たち「ぶっ殺し組」と「誘拐組」が戦っているところに落ちる。

勝は、阿紫花に自分が雇うともちかける。

からくりサーカス 第3巻

嘉月堂のプロフィール

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です