からくりサーカス 漫画 第6巻 ネタバレ

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

からくりサーカス 第6巻

サーカス~猛獣使いの少女
第8幕 一時閉幕

動物学者の先生はしろがね達に、リーゼロッテにビーストは倒せないという。

なぜなら、動物を扱う者には自信が必要なのに、リーゼロッテには自信が感じられないからだという。

団長はサーカスには奇跡があるという。

動物学者、しろがね、団長の目の前で、ドラムがビーストの額にしっぽのとげを突きさす。

動物学者は、リーゼロッテに「あんたは大した猛獣使いだ。」といい、謝る。

幕間~静夜人形劇

勝、しろがね、仲町サーカスの団長たちは海岸で野宿する。

団長が元気ないので、しろがねがあるるかんとぬいぐるみの即興劇で、元気づける。「きっと何かいいことがありますから」と。

夜が明けると、リーゼロッテが団長たちのところにやってきて、雇ってくれという。リーゼロッテは、一流のサーカスにいて大金を稼いでいた。しかも、乗ってきたトラックをくれるという。

なぜか、リーゼロッテのスカートが、それまでのロングスカートからミニスカートになっている。

~ショッピング

勝、しろがね、リーゼの三人が食糧の買い出しに行く。

しろがねは美人なので、歩いているだけで人目を引く。

リーゼは、ビーストを退治した猛獣使いとしてマスコミなどで有名なので、人だかりができる。

人だかりを抜け出し、ようやく買い物を終えるたところで、おばあさんがひったくりにあっているところに出くわす。

リーゼが道すがら手なずけておいた犬や猫に、ひったくりを襲わせる。

しろがねは、抜群の身体能力を使い、ひったくりのゆく手を阻む。

勝は、リーゼやしろがねの活躍を、一部の人しか見られないのは、もったいないと思う。

勝は、仲町サーカスはもっと多くの人に見てもらうべきだと思う。

サーカス~ヒロとノリ
第1幕 ヒロとノリの母

仲町サーカスの団員、ヒロとノリは捨て子。

団長の奥さんフサエに、泣いているところを見つけられ、サーカスに引き取られた。

最初は、ヒロも、ノリも、フサエに反発する。

ヒロは、ある日、フサエの大切な150万円の壺を割ってしまい、サーカスを逃げ出そうとする。

フサエが、壺はまた買えばいいが、ヒロは一人しかいないんだと言い、抱きしめる。

この日から、ヒロはフサエに心を開く。

ノリがフサエに心を開くきっかけは、ビー玉。

ノリはビー玉遊びが下手で、学校でビー玉を全部取られ、馬鹿にされる。

フサエがノリを毎日特訓。子供の遊びに毎日付き合ってくれた。

真剣にビー玉遊びに付き合ってくれるフサエに、ノリは心を開く。

第2幕 ヒロとノリの怒り

7年前、フサエは綱渡りの綱から落ちる。

フサエと一緒に病院に行こうとするヒロとノリを、フサエは「サーカスは最後までやるもんだ。」としかる。

フサエは戻らなかった。

フサエが死んだ話を聞いた勝の涙が止まらない。

リーゼもフサエの死んだ話を聞き、自分だけが不幸だともっていたことを申し訳なく思い、助けてもらったお礼に、発電機を買うことにする。

お金をおろしに銀行に行くと、男が女子行員に復縁を迫っている。男は、爆弾を持っている。

男は、自分になつかない子どもなんか捨てて、自分のところに戻って来いと、元妻である女子行員に言う。

「子どもを捨てろ」という言葉に、ヒロとノリは激怒。

第3幕 ヒロとノリのサーカス

銀行強盗の男は、しろがねと元妻を人質にして、屋上に上がる。

男は時限爆弾をセット。15分後には、爆発する。

勝は、ヒロとノリの芸を活かした救出計画を提案する。

ノリは、ビールケースを屋上まで積み上げ、それに乗って人質を救出する。

ヒロは、建築中のビルの鉄骨にロープを巻き付け、人質を救出する。

勝は、男がアル中であることを利用し、ビールで引きつける。

ノリがしろがねを、ヒロが元妻を救出しかけたが、男が勝を捕まえ、それを見たしろがねが、飛び出す。

しろがねは、勝をノリに託す。爆薬が爆発する。

第4幕 一時閉幕

ヒロとノリは、爆風に飛ばされながら、何とか、元妻と勝の救出に成功する。

死んだと思われたしろがねは、無事。

戻ったしろがねは、勝をたたく。勝が自分の能力をかえりみず、無理なことをしたから。しろがねは、自ら死に行く者を守ることはできないという。

サーカス~勝 大サーカスを見る
前編

勝たちは、元妻と元妻の子どもたちとストローサーカスを見に行く。

しろがねと勝は、ストローサーカスで、初めて出会った。しろがねは、ストローサーカスの団員だった。

ストローサーカスの団員が食中毒にあってしまい、しろがねが急きょ出演することになる。

中編

団長は、勝に、仲町サーカスをたたむことになったいきさつを話す。

数年前、たまたま団長が乗り合わせた観光バスが、谷底に落ちた。

団長は、両足を骨折。生存者は団長のみ。

石食い芸人である団長は、石を食って飢えをしのいだ。

数日後、団長は救出されたが、団長は何を食べて生きていたのかとマスコミが騒ぎ出す。

他の乗客たちの死体は動物たちに食べられた跡があったが、マスコミは、団長が食べたという話を作る。団長は、記者を殴り、暴行傷害の罪で起訴されてしまう。

仲町サーカスの評判は落ち、団員がどんどん減っていき、サーカス組合から除名される。

後編

しろがねは、フラフープを使ったアクロバットショーを見せる。

つづいて、しろがねは、ピエロのショーをやる。共演者は、リーゼ、あるるかん、勝。

リーゼは犬を愛する深窓の令嬢。あるるかんはボディーガード。まさるは令嬢に恋する若者。

しろがねは、勝に無理なポーズをとらせ、会場を沸かせる。

ずっと笑ったことがなかった、元妻の子が、笑顔になる。

からくりサーカス第7巻へ

嘉月堂のプロフィール

 

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です