BUNGO─ブンゴ─  第15巻 ネタバレ

BUNGO コミックス キャラアニ通販

BUNGO 第15巻

第137話 好機

文吾と柿谷の対決。

柿谷は青森の高校に進学したが何故か、静央シニアズのグラウンドにいる。

柿谷は甲子園で2本のホームランを打ち、プロも注目している。

柿谷の一打席目を文吾は3球三振にうちとる。

第138話 確定

第2打席目、文吾の球は柿谷にあっさり柵越えを撃たれる。

第3打席目、文吾は外外外でカウントを整え、決め球のカーブを投げるが、柿谷は体勢を崩しながら柵越え。

柿谷は「石浜 お前違ったわ」のセリフを残し帰ろうとする。

文吾は、柿谷にもう1打席の勝負をお願いする。

柿谷「もう一度同じこと言うたら 沈めるで」

第139話 間違い

第4打席目  文吾は、浮き上がるストレートをど真ん中に投げる。

柿谷はジャストミート。

柿谷「何度も言わすなや。2年前にワイが言ったことを何も理解してへんかったようやな。」

文吾「俺の2年間は、間違いだったのか」

第140話 絶好の機会

柿谷の青森真田高校と、吉見の翔西大付属翔西高校の練習試合。甲子園常連の名門校同士の練習試合。

久しぶりに吉見にあった柿谷は吉見に抱きつく。

吉見の強者の匂いや。吉見の鍛えられた体に、吉見は興奮する。

翔西高校のピッチャーは吉見ではなく、後輩の下川。吉見と対戦したければ、下川を打ち崩さなければならない。

柿谷「オマエ消すで」

第141話 想像以上

下川と柿谷の対戦。

柿谷は下川の投球を引っ張る。お前の速球にはいつでも対応できるというメッセージ。

下川は145キロの速球で柿谷を討ち取る。

第142話 乗り切る術

下川は、球速・球威は抜群だが、制球が悪い。

青森真田の投手は。アンダースロー。技巧派ではなくパワータイプ。

下川は連続四球を出す。キャッチャーの今津がタイムをし、下川のところに行く。アドバイスをするのではなく、プロを目指すピッチャーは、どんなことを考えているのか聞きに行く。

下川は、最も尊敬する人の言葉を思い出すと答える。下川は、ピンチを切り抜ける。

翔西高校の吉見が投球練習を開始する。

第143話 折れない心

青森真田は、球数を投げさせたり、四球を選んだりして、ち密に下川を攻略してくる。

柿谷は、下川の146キロのベストピッチをフェンス直撃。柿谷はショート後方への打球でタッチアップにホームインをし、この回4得点。

青森真田の投手は50球。攻略は難しい。

翔西高校は、下川に代え吉見。

第144話 狼煙

マウンドに立った吉見は、文吾の2年間は間違いではなかったと思っている。ということを、石浜にテレパシーか何かで伝えている。

吉見は、ミスをしたショートに打球を集め、ショートに活躍させる。

吉見は、ホームランを打ち流れを完全に変える。

第145話 メッセージ

青森真田の打者は、ピッチャーの徳永。なぜか、お姉言葉。三球三振。

下川よりも速度は遅いが、打てない。

吉見の投球を見て、文吾はピッチングに完成も到達もないと悟る。

第146話 気づき

各校のスカウトが翔西高校のキャッチャー今津に注目する。近い将来、神奈川一のキャッチャーになると予想している。

吉見と柿谷との対決。

1球目スライダーをファウル。2球目もファウル。

3球目、149キロのストレートを三振。

BUNGO─ブンゴ─  第16巻へ

嘉月堂のプロフィール

BUNGO コミックス キャラアニ通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です