からくりサーカス 漫画 第16巻 ネタバレ

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

からくりサーカス 第16巻

からくり~白金・白銀
第13幕 自動人形急襲

山の中を歩いていくルシールとミンシアの前に、パンタローネと自動人形 チャイナ・ドールが現れる。

パンタローネはルシールに200年前のクローグ村の虐殺を語る。

少し動揺したルシールをミンシアが拳法で助ける。

一方、梁師父、鳴海たちは白銀と白金の物語を読む。

クローグ村でフランシーヌが死んだあと、白銀は去り、白金はフランシーヌそっくりの人形に生命の水を注射し、人形が生命を得る。

第14幕 復讐連鎖

白銀は、フランシーヌから笑いを奪ったクローグ村の人々を虐殺し、復讐した。

自動人形の音を聞きつけた王と鳴海がミンシアを助けに向かう。

ミンシアがパンタローネのズボンを流行おくれだといってからかう。パンタローネは、自分の造物主である自動人形ルシールがくれた衣装をからかわれたことに怒り、ミンシアを殴り飛ばす。

ルシールたちとパンタローネの戦いの場に、鳴海、王、いぬのしろがね、自動人形のチャイナ・ホーが現れる。

第15幕 あの御方

王が自動人形達と戦う。鳴海は、白銀の記憶に意識を乗っ取られ、心ここにあらず。

チャイナ・ホーは、圧倒的な力の差で、王を追いつめる。

200年前のクローグ村でルシールに生命の水を飲ませた旅の錬金術師は、白銀だった。

鳴海は、白銀の記憶を回想している。鳴海は、ルシールに白銀が言ったセリフをしゃべりだす。

第16幕 生命の泉へ

白銀の記憶に乗っ取られた鳴海は、チャイナ・ホーに尋ねる。200年前の虐殺は、白銀の弟 白金が本当に望んだことなのかと。

白銀は、自動人形を作り、間違った復讐を村人にした弟の後始末をせねばならぬと誓う。

白銀は、自動人形を破壊するためにクローグ村の生き残りを利用しようと考える。

そのために、柔らかい石を井戸に投げ込み命の水を作り、自分は井戸に身を投げる。

自動人形達は、本来風のように素早く行動できる。

しかし、クローグ村の人間を恐怖させるために作られたため、

観客としての人間、つまり、武器を持たぬ人間の前では素早く動けなく設計されている。

それが、自動人形の弱点であるが、生命の水を飲めば克服できる。

白銀と白金の物語を読んだパンタローネは、生命の水が、戦っている現場から近くにあることを悟る。

第17幕 師父撃拳

白金は、200年前クローグ村を滅ぼした後、故郷である中国の村に帰り、生命の水を作り、自分をそれに溶かして死のうとした。

その生命の水が、泉になっている。

その泉の生命の水をパンタローネ達が飲むことを阻止しようと、ルシールたちは急ぐが、既に遅く、チャイナ・ホーは既にたらふく飲んでいた。

生命の水を飲んだチャイナ・ホーの動きは早く、しろがねでも歯が立たない。

生命の水を飲もうとするパンタローネに梁師父が「ダメだ」という。

梁師父の動きは速く、パンタローネ、チャイナ・ホーを寄せ付けない。

師父は、鳴海に子供の頃の修行を思い出させる。鳴海は、自分の意識を取り戻す。

第18幕 一時閉幕

梁師父もゾナハ病にかかっている。

生命の水を飲めば治る。しかし、自動人形破壊の宿命を負うことになる。

自然の理を外れたことを、師父は嫌う。

襲いかかるパンタローネもろとも、師父は爆死する。

幕間Ⅰ~最後の頁

爆発によりくずれた土砂に、生命の水の泉は埋もれてしまう。

生命の水の泉ができたわけが、白銀と白金の物語に書いてある。

白金は、クローグ村の人々を虐殺しても笑わなかった自動人形のフランシーヌは、本物のフランシーヌではないと絶望し、放浪する。

やがて故郷の村に帰り、生命の水に溶けえ死んでしまおうと思った。

しかし、何かを思いつき、死ななかった。

幕間Ⅱ~ギイ イン ザ ナカマチ・サーカス

仲町サーカスにいる勝は最近機嫌がよくない。

それは、ギイが飛行機事故により仲町サーカスに来たためらしい。

ギイは、しろがねの小さいころからの先生。

思いがけず再会し、ギイとしろがねは抱き合う。

それを見た勝は大きく目を見開き、顔が引きつり、油汗を流す。

幕間Ⅲ~〈しろがねピンチ〉イン ザ ナカマチ・サーカス

勝はしろがねにそっけない態度をとる。

しろがねは、自分は何か大失態をしてしまったのではないかと思う。

リーゼは、勝の知らないしろがねが、ギイの出現によりどんどん出てきて、さみしくなったのではないかという。

ノリは勝にしろがねを許してやれという。勝は「しろがねをとられたのは僕じゃないから、いやだ」という。

勝には、別に気になることがある。それは、あるるかんがいつも握っている腕は、オリンピアの腕ではないかということだった。

あるるかんが握っている腕を、オリンピアの腕があった部分にあててみるとぴったり合う。

勝は、しろがねとギイは、昔、敵だったのではないかと疑う。

幕間Ⅳ~そしてまた閉幕ベル 

しろがねは、ギイはいつも自分を守ってくれ、敵だったことはないという。

あるるかんとオリンピアに何か因縁があるようだが、それは、しろがねが生まれる前のことだという。

しろがねは、自分に対して何か不満があるなら言ってほしいと勝にいう。

勝は、滂沱と涙を流しながら、しろがねに何も不満があるわけではなく、しろがねが鳴海のことを忘れるのが嫌なんだという。

それを聞いた、しろがねは勝に自分の心臓の鼓動を聞かせる。

そして、ギイは好きだが、鳴海を好きというのとは違うという。

からくりサーカス 第17巻へ

嘉月堂のプロフィール

 

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です