からくりサーカス 漫画 第17巻 ネタバレ

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

からくりサーカス 第17巻

からくり~再終幕
第1幕 テントの見える場所

しろがねの犬は嗅覚が通常の犬の5倍。パンタローネの匂いを追ってサハラ砂漠にある真夜中のサーカスまで、鳴海、ルシール、ミンシアを連れてきた。

自動人形達がゾナハ病をまき散らし続けると、いずれ人類は滅亡する。

人類滅亡を阻止するためには、ここで自動人形達を滅ぼさなければならない。

そのため、しろがねの総力を挙げて戦いを挑む。全世界のしろがねが集結し、パラシュートで降下してきた。

第2幕 しろがねーO出発

アメリカ メーン州ハーベスト ワイズマン大学には、しろがねーO(オー)が集結していた。

しろがねーOとは、「顔無し」総司令と呼ばれる老人のしろがねが、特殊素材を用いてパワーアップしたしろがね。

アメリカにいる400名のしろがねーOのうち、ここに集まった者が、空軍基地から輸送機で出発する。

しろがねー0 ジョージは弱いので、ルシールの操り人形をとってくる任務が割り当てられる。

ジョージは、フランスの高級リゾート地にいる阿紫花にあう。そして、黒賀の里の長に、ルシールの操り人形を出してくれるよう話をつけてくれと頼む。

第3幕 しろがね、サハラへ

ジョージの依頼に、阿紫花は値段の交渉に入る、

ノルウェー、ケニア、イギリス、ロシア、ドイツなど世界各国に散らばっていた、しろがねがサハラ砂漠に集結する。

第4幕 ルール

サハラ砂漠に集結した3万人のしろがねの間で、フラーヴィオアプ・チャーを素手で倒したものとして、鳴海は有名になっていた。

しろがね達へのルシールの指令は、翌朝0時まで真夜中のサーカスを足止めせよ、というもの。

自動人形は遊びを断れない。しろがねは、代表者同士の戦いで生き残った者の多い方が勝ちとするゲームをしようと持ち掛ける。

交渉役として、しろがねーO アメリカ統括リーダー ナイア・スティールが真夜中のサーカスのテントに入る。

第5幕 真夜中のサーカスへの入場

最古の人形のうちの一体ドットーレが、ナイアの首を下げてテントから出てきて、しろがねたちにゲームの提案を受けると伝える。

ルールは、20人ずつの代表が力比べをするというもの。

しろがねたちは、しろがねーO10人、ふつうのしろがね7人と、鳴海、いぬのしろがね、ミンシアを代表として選ぶ。20人の代表は、テントの中に入る。

第6幕 ファンファーレ

ドットーレが司会進行役。

もし、しろがねが勝った場合は、人形フランシーヌに合わせてやろうという。

人形フランしーヌがメリーゴーラウンドの転変の乗って現れる。人形フランシーヌの周りには、最古の自動人形、パンタローネ、コロンビーヌ、アレルッキーノの控えている。

第7幕 初戦

ゲームが始まる。しろがねの1番手はしろがねーO。続けざまに4体の自動人形を破壊する。

自動人形の5番手は、メリーゴーラウンド・オルセン。頭にメリーゴーラウンドがのっている。しろがねを5人倒す。

しろがねの6番手は鳴海。

第8幕 ニンギョウノクスリ

ルシールは会場を抜け出し、アルメンドラにあいにいく。

アルメンドラは、クローグ村生き残り6人のうちの一人で、しろがね。

生命の水を飲み、白銀の意思で自動人形を憎み戦うことが嫌になって、戦うことをやめ、真夜中のサーカスの中で占い師をしている。

第9幕 メリーゴーラウンド・オルセン対鳴海Ⅰ

鳴海は、メリーゴーラウンド・オルセンの回転木馬を破壊する。

メリーゴーラウンドに腰掛け、どいつもこいつも反吐が出るという。

それは、しろがねも、自動人形も、自分の命を含め、命を粗末に扱うから。

鳴海は、しろがねーOは、死を恐れないのではなく、生きることを手放しているだけだという。死人は、勝てないという。

第10幕 メリーゴーラウンド・オルセン対鳴海Ⅱ

メリーゴーラウンド・オルセンは、頭のメリーゴーランドを使い、わなを仕掛けてくる。

鳴海は、わなにかかったように見せかけ、メリーゴーランド・オルセンの本体に迫り、破壊する。

一方、ミンシアが、砂漠のしろがねファーティマに、鳴海の修行の様子を話す。ものすごく練習をすること、師匠の言いつけに馬鹿正直に従う様子を聞いて、ファーティマは「素敵」という。

 

からくりサーカス 第18巻へ

嘉月堂のプロフィール

 

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です