からくりサーカス 漫画 第15巻 ネタバレ

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

からくりサーカス 第15巻

からくり~白金・白銀
第3幕 到着

中国にいる真夜中のサーカス。

真夜中のサーカスのテントでは、最古の自動人形パンタローネ、ドットーレ、アルレッキーノ、コロンビーヌが鳴海たちを襲う計画を立てている。

パンタローネはチャイナ・ホーをつれて、鳴海たちのところに向かう。

チャイナ・ホーは、敵も味方も関係なく襲う、危険な人形。

鳴海が師父にゾナハ病をうつしたと思っている、兄弟子の王は、鳴海を許せないと戦いを挑む。

鳴海は王の渾身の気を込めた崩拳を受け止める。

鳴海たちが、師父の村につく。鳴海はこの光景に見覚えがある。

第4幕 記憶

師父の村について鳴海は、旅の錬金術師の記憶が鳴海の意識を占める。200年前のルシールを助けている情景を見ている。

旅の錬金術師の名は白銀。中国のカラクリ人形使いの一族の出だった。

我に返った鳴海一行が村に入る。

師父の名は、白剣峰。カラクリ人形使いの一族。

師父は白銀の子孫だった。

鳴海は、自分を白銀兄ちゃんと呼ぶ少年の幻影をみる。少年の名は白金。

村には妖怪が守る不老長寿の泉の伝説がある。不老長寿の泉は山の中にあるという。泉を探しに山に入っていく鳴海たちに、正体不明の生き物が襲い掛かる。

第5幕 薄紅の滝

怪しい生き物に襲われたミンシアとルシールは、崖から落ちる。

鳴海が立ち向かうと生き物は動きを止める。

怪しい生き物は、銀色の体毛、銀色の目を持つ犬だった。鳴海になつく。

銀色の犬を追って鳴海たちが山を登っていくと、薄紅がかった水が流れる小さな滝がある。

滝の上流に行くと、師父が待っていた。

師父は、自分の先祖が「生命の水」をつくり出したという。

第6幕 出会い

鳴海は師父に、自分が生命の水を飲んで白金になったこと、中国に来て白銀の記憶を見るようになったことを語る。

鳴海の話を聞いた師父は、白家の先祖が残した、白銀と白金の物語だった。

その物語を聞いた鳴海の頭の中に、白銀の記憶がよみがえる。

白銀と白金の兄弟は、自分たちが操る人形に生命を吹き込むための研究に打ち込む。

そして、プラハにいる錬金術師アルベルトゥス・マグヌスが自動人形を作ったことを知る。

二人はプラハまで長い旅を続け、アルベルトゥス・マグヌスの弟子になる。

ある日、二人は町で、美しい娘フランシーヌと出会う。

第7幕 フランシーヌ

白銀と白金は一生懸命に勉強する。

白金は、フランシーヌから林檎を買うのが好き。

白銀は、フランシーヌは泥棒だという噂を聞く。

祭りの日、兄弟とフランシーヌは連れ立って見物をする。

開店休業中の人形劇の屋台で、兄弟が人形劇をやり、喝さいを浴びる。

夜になり、白銀はフランシーヌを家に送る。フランシーヌの家は、裏町の貧しい家。兄弟たちがフランシーヌを待っていた。フランシーヌが持ってきたパンやお菓子に大喜び。

白銀は、家の裏手で行水をするフランシーヌを偶然見る。フランシーヌの肩には、泥棒の烙印があった。

第8幕 天使

フランシーヌは持って帰ったパンを近所の老夫婦に与え、自分は空腹で倒れてしまう。

白銀は、パンを返してもらおうと老夫婦の家に行くが、嬉しそうにパンを食べる様子を見て、やめる。

フランシーヌは、フランスから人買いに買われてプラハにきたが、人買いの手を逃れ、身寄りのない子をひきとり育てる天使だという。

お金に困っている時に、子供の一人が肺炎になってしまい、その子のためにたった1個の卵を盗み、泥棒の烙印を押されてしまったという。

その話を聞いてから、白銀は錬金術を何とか民のためにできないかと考えるようになる。アルベルトゥス・マグヌスの講義中もボーっとして身が入らない。

それを見て、白金は白銀がフランシーヌを好きになったのではないかと疑い、自分が先に好きになったのだから、とらないでくれという。

ある日、白銀は、世界中から病気が亡くなりますようにという教会で祈るフランシーヌを見て、プロポーズをする。

第9幕 HEAVEN AND HELL

白銀は、プロポーズを受け入れてくれたフランシーヌと、その教会で直ちに結婚式を挙げる。

それを見ていた白金は、フランシーヌをさらい、姿をくらます。

白銀は、二人を追って旅をする。

9年目にやっと二人を見つける。

第10幕 夢の終わり

二人がいたのはフランスのクローグ村。

白金は、村はずれの館で錬金術を研究していた。

白銀は白金を刺し殺そうと襲い掛かる。

白金は、白銀に何で裏切ったんだという。白銀とフランシーヌが結婚した日、白金も教会にいたということを聞き、白銀のつきものが落ちる。

白金は、フランシーヌを治す薬を作っているという。

フランシーヌは、村はずれのぼろ家の、半地下に足かせをされて閉じ込められている。

第11幕 柔らかい石 誕生

フランシーヌは病気にかかっているらしく、村人から隔離されていた。

白銀は、フランシーヌの病気を治すため、白金の館で研究に打ち込み、柔らかい石を作ることに成功する。

白銀が、柔らかい石をもって、フランシーヌの小屋に行くと、小屋から火の手が上がっている。

第12幕 天使が還る

白銀が、村人に詰め寄ると、村人は火をかけるようなことはしていないという。

フランシーヌは、白金と9年間一緒にいたのだから、白銀とは暮らせないという。自分が神様に結婚を誓ったのは、白銀だから。

フランシーヌは、白銀に感謝しながら、焼け死んでいく。

からくり人形 第16巻へ

嘉月堂のプロフィール

 

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です