からくりサーカス 漫画 第26巻 ネタバレ

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

からくりサーカス 第26巻

サーカス~再終幕
第35幕 200体破壊者

ギイは、血みどろの正二から刀を託され、自動人形を追う。

ギイは、自動人形を壊しに壊す。

キャンディスタンプという自動人形が、巨大な釘を発射し、釘がギイを貫く。

ギイは、キャンディスタンプに操りの糸を巻き付け破壊する。

第36幕 井戸の中

ギイは、200体の自動人形を一瞬にして破壊した。

フランシーヌ人形とエレオノールが落ちた井戸に自動人形が集まっている。

ギイが、自動人形を破壊し、井戸をのぞくと、赤ん坊の声が聞こえる。

エレオノールだけが井戸の底で泣いていた。

フランシーヌ人形は、生命の水に溶けてしまった。井戸の壁に穴をあけ、そこから生命の水を流出させ、エレオノールが溺れるのは防いだ。

しかし、エレオノールも生命の水を飲み、しろがねになっていた。

第37幕 そして歴史は現代へ

正二とギイはエレオノールが安全に生きられる計画を練る。

まず、エレオノールは出産の時に死んだことにする。

エレオノールは村の屋敷で4歳まで育てられる。

エレオノールには、白銀の記憶、フランシーヌ人形の記憶、本物のフランシーヌの記憶がある。このままでは、だれの記憶かわからないくなり精神が崩壊してしまう。

ギイが、エレオノールを連れて世界を旅する。エレオノールは、アンジェリーナの娘ではなく、ギイが拾った元ゾナハ病患者ということにする。

15年後(しろがねは5年に1歳しか年を取らない)7歳になった時、エレオノールはキュベロンに入り、しろがねとしての訓練をうけた。

その後15年間訓練を受け10歳の時、ギイと最年少のしろがねとして世界を旅する。

それから22年後、正二がキュベロンに行き、日本へ一番若い女性のしろがねを派遣するよう要請する。

正二は、派遣されたエレオノールを保護する計画だった。

第38幕 影がいる

正二がキュベロンに行く5日目、ギイが、東京の才賀グループを訪れ、正二と会う。

正二と会い、エレオノールが様子がおかしいと告げる。エレオノールは人形になっているという。

キュベロンで、初めて正二に、エレオノールは、「お久しぶり、正二おじい様」という。

そしてまったく無表情に「私は微笑みさえ忘れたかわいそうなお人形」だという。しかも、それは正二がエレオノールに言ったという。

正二とギイは、だれかが何かを企んでいると悟る。

第39幕 影の正体

エレオノールは、日本へは派遣されず、東欧へ派遣される。

キュベロンの者たちは、正二はもう何度も来ているという。人形の仕組みを教えてもらったという。

正二は、誰かが自分に成りすまして、キュベロンを訪れ、エレオノールに自分は人形だと暗示をかけ続けたことを悟る。

正二とギイは、正二に成りすました者は、貞義ではないかと疑う。

貞義は、愛人との間に子供ができていた。子供の名前は、マサル。

第40幕 3年前

3年前、正二と貞義は、軽井沢の別荘で逢う。

そこで、貞義は正二に、黒賀の里を滅ぼす計画を話す。

それは、マサルに貞義の全財産を相続させることで、兄弟にマサルを狙わせる。また、貞義の弟善治に、マサルを養子とする計画を実行させる。兄弟と善治に、黒賀の殺し屋をそれぞれ雇わせ、戦わせ、滅ぼす計画。

その戦いにおいて、糸繰人形も破壊される。

正二はマサルに変なことが起こったら、大きなカバンを持って逃げるように言う。

第41幕 黒賀村1997

貞義から正二に電話が来る。黒賀村にゾナハ病の病原菌をばらまいたと。

正二は、日本刀と大きなカバンをもって黒賀村に向かう。

黒賀村で対面した正二に貞義は恨み言を述べる。その恨み言とは、自分が愛していたアンジェリーナを正二が奪ったというものだった。

第42幕 貞義対正二

キュベロンか派遣された貞義(ディーン)は、アンジェリーナが一時に気の迷いで結婚したのではないかと、気長に待っていた。

アンジェリーナが正二の子を身ごもったと知ると、アンジェリーナへの思いがさめる。

アンジェリーナから柔らかい石を奪うために、出産後を狙って黒賀村を襲った。

貞義(ディーン)は、永遠の命を手に入れるために、柔らかい石を手に入れようとしているという。

貞義は年を取ったら、生命の水から溶けて、その水を若ものに飲ませ記憶を引き継がせる。それを繰り返して、永遠の命を得るという。

第43幕 貞義の計画

貞義(ディーン)は、人間の転送を研究し、自分をマサルに転送することにした。

貞義(ディーン)は、キュベロンでアンジェリーナそっくりのエレオノールを見た。

そして、エレオノールと自分を強く結びつけようと考えた。

貞義(ディーン)は、正二に変装してエレオノールにエレオノールは人形だと暗示をかけた。そして、マサルを守れば人間になれると吹き込んだ。

そして、貞義自身は転送でマサルになる。そうすれば、自分を転送した勝とエレオノールとの強い結びつきを得られるという計画だった。

貞義(ディーン)の気がかりは、どうやって日本にエレオノールを呼ぶかということだった。

貞義(ディーン)は、自分の黒賀村を滅ぼす計画を正二に見せ、マサルを守るためにエレオノールを呼び寄せさせた。

正二は、貞義の思う通りのことを実行した。

第44幕 逆襲

正二は、貞義(ディーン)に、自分を転送できるのに、なぜ、柔らかい石が必要なのかと問う。

貞義(ディーン)は、エレオノールは5年に1歳しか年を取らないから、マサルに転送しても、自分の方がすぐに年寄りになってしまう。長くエレオノールといるためには、やはり、老化を遅らせる柔らない石が必要だという。

正二は、ダウンロードする貞義(ディーン)のデータは燃やしてしまったという。

激怒した貞義(ディーン)は、糸繰人形に正二を殺させ、確かめに行く。

糸繰人形に殺された正二は、正二そっくりの糸繰人形だった。

からくりサーカス 第27巻へ

嘉月堂のプロフィール

 

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です