からくりサーカス 漫画 第28巻 ネタバレ

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

からくりサーカス 第28巻

サーカス~再終幕
第55幕 O(オー)

フェイスレス指令は、巨大な釘をギイに打ち込み動けなくする。

フェイスレス指令の部下は「O」。

兵器を体内に埋め込んだ、半機械人間。

Oの一人がマサルを連れ去る。

黒賀の里の者 衝月がOを攻撃し、マサルを逃がす。衝月はOに、マサルは「貴様より100倍強いという。」

マサルはいったん逃げるが、エレオノールをもう戦いに巻き込んではならないから、自分が戦うしかないと決意する。

第56幕 ジャック・オー・ランターンの逆襲

マサルは、糸繰人形ジャック・オー・ランターンで逆襲する。

マサルには貞義の記憶がいくらかあるので、ジャック・オー・ランターンの操作の知識はある。

Oを、ジャック・オー・ランターンの鎌で切る。

村長の屋敷では、黒賀の里の者はほとんど倒されていた。

ギイも巨大な釘で、正二が入っている水槽に打ち付けられている。

ギイをいたぶるフェイスレスたち。そこに、マサルがジャック・オー・ランターンのミサイルを撃ち込む。

第57幕 立ち上がる勝

戦いに集中しているマサルは予想外の強さを見せる。

機械人間Oを次々に倒していく。

電気攻撃を受けたマサルは体が動かなくなる。ジャック・オー・ランターンの鎌を投げつける。

そして、糸繰人形を操作するための指ぬきをはずし敵のふところに飛び込む。

第58幕 勝の一喝

マサルは一つだけ残した指ぬきを操作し、ジャック・オー・ランターンから粘着液が入った風船を飛ばして、Oの動きを封じる。

更に貞義の知識を生かして、Oを分解してしまう。

フェイスレスは、グリュポンを用がないとして分解してしまう。マサルも自分がマサルの母親と一緒に勝ったものだから、フェイスレスの自由にできるという。

マサルは、この世に生まれた者は自由に生きてよいという。そして、フランシーヌやアンジェリーナがなぜ、白金、ディーンを好きにならなかったかというと、自分に用のない者は捨てる彼らの本質を見抜いていたからだという。

フェイスレスがマサルになっても、エレオノールがフェイスレスを好きになることなないと、マサルは言う。

第59幕 黒い太陽

フェイスレスは、自分自身を信じているから、夢はいつかかなうという。エレオノールと一緒に暮らすことができると信じている。

マサルは、フェイスレスは自分が悪いことをしているとは全く考えていない、自分のためになることはすべていいことだと考えている、黒い太陽だと思う。

マサルは、フェイスレスを倒さなければ、いつかは皆焼け死んでしまうと思う。

マサルはジャック・オー・ランターンで、フェイスレスと戦う。

フェイスレスの攻撃は、マサルにフェイスレスの記憶があるので、全て読めてしまう。

マサルはフェイスレスの攻撃をかわすが、フェイスレスもマサルの攻撃を読みかわしてしまう。

第60幕 雷迅

フェイスレスは、正二が保護されている水槽にギイを打ち付けている杭を引き抜く。

正二が保護されている培養液が流れ出す。

マサルとジャック・オー・ランターンが穴をふさごうとする。フェイスレスがマサルとジャック・オー・ランターンを倒す。

ガラスが壊れ、培養液が流れ出し、正二も流れてしまう。

マサルは正二を抱きかかえる。フェイスレスはマサルの家を引っ張る。

正二は、マサルに自分はいいから戦えという。引き出しにある「あれ」を使えという。

マサルと正二が流される。マサルは、引き出しにあった正二の愛刀「雷迅」で、フェイスレスに斬りかかる。

第61幕 ゲームの始まり

フェイスレスはマサルの斬撃をかわし、一瞬の間に、まさるのあご、胸、腹にパンチを打ち込んでいた。

動けないマサルを連れて、フェイスレスが立ち去ろうとする。

しかし、マサルはフェイスレスの体に工具を差し込み、動けないようにしていた。

マサルはフェイスレスの右腕を切り落とす。

フェイスレスは、マサルに、2年間の間にマサルがエレオノールを守り切れば勝ちというゲームをしようと、唐突に提案する。

マサルは、フェイスレスに斬りかかるが、フェイスレスの右腕から紐が伸び、黒賀の里の者を人質にとる。

マサルが動けない間、フェイスレスは手下の自動人形に救出される。

第62幕 一時閉幕

正二はエレオノールをマサルに託し死ぬ。

正二は、エレオノールには自分が父親であることなど一切知らせないでほしいという。

マサルは、エレオノールを守ると約束する。

正二は、あの世でアンジェリーナと再会し、二人で歩いてゆく。

幕間Ⅰ~「帰れない」

エレオノールは、マサルの行方を追って、才賀善治の屋敷などを訪ねる。

マサルは、フェイスレスとの戦いの後、気を失い寝かせられていた。

気が付いたマサルにギイは、半機械人間Oの残骸を見せる。2年間エレオノールを守らなければならないため、心がまえをさせた。

マサルもギイに頼みごとをする。

仲町サーカス経由でマサルの居所を知った、エレオノールがマサルを迎えに来る。しかし、マサルは、今は帰れないという。

からくりサーカス 第29巻へ

嘉月堂のプロフィール

 

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です