からくりサーカス 漫画 第40巻 ネタバレ

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

からくりサーカス 第40巻

機械仕掛の神~
第53幕 転送終了

フェイスレスの脳のマサルへの転送が完了する。

フェイスレスとマサル(フェイスレス)が、エレオノールの前で芝居を打つ。

それは、マサル(フェイスレス)への転送が完了せず、マサル(フェイスレス)がフェイスレスと戦い倒すというもの。そして、マサル(フェイスレス)とエレオノールが宇宙で仲良く暮らすという筋書き。

リーゼが操る猛獣人形がグラツィアーノに破壊される。

平馬が操るゴイエレメスはブリゲッラに頭を吹き飛ばされる。

ブリゲッラは涼子に襲い掛かる。ブリゲッラの一撃の前にアルレッキーノの立ちふさがる。

第54幕 少女の爪

涼子をかばって、アルレッキーノがブリゲッラと戦う。

旧式の人形であるアルレッキーノは、ブリゲッラにかなわない。

ブリゲッラがアルレッキーノに問う。なぜ、かなわないとわかっているのにっ戦うのかと。

アルレッキーノは、鳴海の言葉を引用する。「滅びを知ってもなお、己の存在を肯定する その姿こそが美しい」

平馬は、ゴイエレメスをブリゲッラに体当たりさせる。ゴイエレメスには、涼子が乗っている。

涼子は、ブリゲッラにヴィルマのナイフを数ミリ突き刺す。そのナイフには、エレオノールの血が残っていた。

しろがねであるエレオノールの血は、自動人形の体液を壊滅させる。

ブリゲッラは、活動不能に陥る。

第55幕 カウントダウン35分前

グラツィアーノは幻獣を操るリーゼを刺して引き上げていく。

ブリゲッラは爆発を起こし、その爆風を利用して引き上げていく。

平馬がキャプテンネモをを始動させ、マサルを助けに行く。

マサル(フェイスレス)は、平馬に頭突きを浴びせ、フェイスレスとロケットに乗り込む。

第56幕 カウントダウン18分前

ロケットの座席に鎖で縛りつけられたエレオノールの前で、フェイスレスとマサル(フェイスレス)の芝居が始まる。

フェイスレスは、マサルに脳の転送が完了していないことをことさらに強調する。

エレオノールは、これ以上マサルを傷つけないでくれとフェイスレスに頼む。

マサル(フェイスレス)の攻撃をフェイスレスは反射的にかわしてしまう。

マサル(フェイスレス)は、段取りが違うだろうと怒る。

第57幕 カウントダウン12分前

マサル(フェイスレス)の微妙な表情から、フェイスレスは転送が完了していないのではないかと疑う。

マサルは、生命の水が高濃度で解けているエレオノールの血を飲んだ。

生命の水は、超高速で細胞を修復する。

マサルの脳への転送も細胞の異常。生命の水が超高速で修復した。つまり、転送は完了していない。

マサルの頭突きを食らった平馬も、転送は完了していないという。なぜなら、本物のマサルの頭突きはあんなものではないから。つまり、マサルは自分を見失っておらず、味方の平馬に手加減をした。

第58幕 カウントダウン11分前

マサルは、フェイスレスの脳を転送されてはいなかった。

マサルがエレオノールが縛り付けられている鎖やいすを分解しようとするが、溶接されていてできない。

エレオノールは、マサルが逃げなければ舌をかみ切るという。

発射55秒前。マサルは、エレオノールの関節をはずし、鎖から脱出させる。

マサルとエレオノールがロケットから飛び降りようとするが、フェイスレスがエレオノールをつかんで離さない。

エンジンに点火した瞬間、フェイスレスを振り切り、マサルとエレオノールはロケットから飛び降りる。

第59幕 コロンビーヌ対ディアマンティーナ

コロンビーヌとディアマンティーナが、お城の上で戦い始める。

コロンビーヌは透明の巨大な時限爆弾クマに捕まった。

コロンビーヌは熊を、ゾナハ病原体を巨大なドリルにして破壊しようとする。

ロケットから飛び降りたマサルとエレオノールを見て、コロンビーヌは巨大なドリルをほどき、ゾナハ病原体で、マサルとエレオノールを助ける。

第60幕 一人戻る少年

鳴海が長足クラウン号に乗ってやってくる。

城の上にいる勝たちに気づいてくれないかもしれないので、アルレッキーノが飛び降りる。

鳴海はアルレッキーノに聖ジョルジュの剣で攻撃する。アルレッキーノが反撃しないのをいぶかしむ。アルレッキーノはエレオノールたちが城の上にいることを教える。

マサルは、平馬、リーゼ、涼子を、キャプテンネモのバルーンで逃がす。

コロンビーヌを助けるためにマサルは一人残る。エレオノールも逃がすため、関節を外したままにして置き、城の下の鳴海に投げる。

コロンビーヌはディアマンティーナの巨大熊攻撃を受け、手足がもぎれている。

第61幕 ぶたちゃんはあるいていった

ディアマンティーナは、人間を助けるために自分が壊れて人間が何をしてくれるのかと、コロンビーヌに問う。

コロンビーヌは、何をしてくれるかではなく、自分がしてあげたかったのだと答える。

ディアマンティーナは、フェイスレスが自分を愛してくれるから、自分の勝ちだという。

コロンビーヌは、フェイスレスの愛情は本当の愛情ではなく、例えば、はさみを愛するようなものへの愛情だという。

激怒したディアマンティーナは、コロンビーヌの頭を切り離す。

マサルがやってきて、コロンビーヌを頭を抱きかかえ、泣きながら感謝する。

コロンビーヌが男の人に抱きしめてもらって、うれしい。

第62幕 ローエンシュタイン大公国にて

エレオノールが目覚める。そこに、鳴海が現れ、これから、フウがエレオノールとフェイスレスの関係を確かめるという。

仲町サーカスのみんながエレオノールに駆け寄ってくる。それぞれ、どんな経過で来事に来たか話し出す。

黒賀村での戦いで、仲町、ノリ、ヒロ、三牛、ナオタ、ヴィルマの6人はフウに救出された。そのご、アメリカのゾナハ病研究所から戻った鳴海、法安と合流した。

エレオノールたちがいるのは、ローエンシュタイン大公国。エリ公女が治めている。

からくりサーカス 第41巻へ

嘉月堂のプロフィール

 

『からくりサーカス』より、ジップパーカーの登場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です