ピアノの森 漫画 第4巻 ネタバレ

TVアニメ『ピアノの森』より、トレーディングアクリルキーホルダーの登場です。

ピアノの森 メタルアートドッグタグ 一ノ瀬海 (キャラクターグッズ)


ピアノの森 第4巻

第25話 取り引き②

阿字野がピアノのレッスンをしたので、今度は、海が阿字野の頼みを聞くことになった。

阿字野は海に全日本学生ピアノコンクールに出場しないかと、いう。

海は、自分のピノは遊びだからと断る。

阿字野は、ほかに海に頼むことはないといい、帰ろうとする。

海は、掃除とか、お使いとか、ほかにあるだろうというが、阿字野は、そんなことなら海でなくてもできるという。

海は、泣きべそをかきながらコンクールに出場することにする。気が重く、洗っていた皿を割ってしまう。1回飯抜き。

第26話 誤解してたよ

コンクールに出場することになった海は、登校中の雨宮と仲直りして、コンクールに出場る出場のことを話しておこうとする。

雨宮は、時間がないからと海との話を中断する。

一方、阿字野にコンクールの審査員の依頼が来る。

しかし、阿字野は自分の教え子である海が出場するから公平を欠くと、審査員の依頼を断る。

母親から阿字野の審査員辞退を聞いた雨宮は、海が出場するに違いないと思い、森のピアノのところに行って、海に確かめようとする。

第27話 エスエージェイアイエヌオー

雨宮は、森のピアノにS・AJINOとあるのを見て、阿字野のピアノだったことを知る。

海が、阿字野なんてケチな田舎の音楽教師だといっていたのに、阿字野の教え子としてコンクールに出ることを、雨宮は許せない。

雨宮は、海に会いに行く。

キャバレーの前でチンピラに絡まれているところを、海の母レイコに助けられる。

第28話 全力で

森のピアノが阿字野のものだったことを、海は知らなかった。

阿字野の壊れたピアノを海が弾くのを聞いて、阿字野が弟子にしたくなったんだろうと、雨宮は推測する。

雨宮は海に、コンクールで全力で勝負しなかったら、絶交するという。

海は、コンクールに出場することになったいきさつを雨宮に説明する。

雨宮は、同じことだという。全力で勝負しようという。

海が、レッスン室に行くと、夜なのに阿字野が調律をしている。

阿字野は海にモーツァルトの遺言の話をする。

阿字野は、モーツァルトが、K200の楽譜を200年後、森の中に住む少年に渡してくれと遺言したという。

第29話 モーツァルトの遺言

海は授業中も頭の中でピアノのレッスンをする。

先生の声も全然聞こえない。

海の頭の中にモーツァルトが現れる。

「へたくそ。楽譜返せ。」という。

練習すればするほどうまくはなるが、阿字野の録音の物まねになってしまう。

阿字野は、自分のK280を弾けと、テープをカセットから引き出してしまう。

海は、頭の中で。5歳のモーツァルトや、太ったモーツァルトや、若いモーツァルトに楽譜を返せと迫られる。

海のK280が見つけられないまま、コンクール当日になってしまう。

第30話 コンクールの朝

コンクール当日。

海は、出かけようとするところを、店のおばちゃんにじゃまされる。

この1週間、ピアノの練習で店の仕事をさぼっていたから。

おばちゃんと海がののしりあい、それを聞いたレイコが起きてくる。

その隙に、海は阿字野が待つタクシーに乗り込む。

レイコが追いかけてきて、阿字野が事情を説明し、一緒にコンクールに行く。

第31話 ピリピリ

海は、レイコや阿字野までモーツァルトに見えてくる。

一人になろうと控室に行った海。

控室では、本来ならこの地区の優勝候補であった丸山誉子(たかこ)が、雨宮の優勝で決まりだとか、大声で話している。

誉子は、雨宮の親が実力者だから優勝が決まっているという。

海は黙って聞いていられず、雨宮の優勝は決まっているが、それは実力だと言い返す。

第32話 タカコお嬢様

海と誉子がにらみ合っている。

そこに雨宮が現れ、海に声をかける。おかげで、海までライバル視される。

コンクールが始まる。

自分のピアノを見つけられない海は落ち着かない。

阿字野とレイコは、それぞれアドバイスするが、海にはピンとこない。

会場を歩いている海に、誉子の先生が、誉子の行方を知らないかと聞いてくる。

誉子の家庭の事情をくどくど話すが、海は関係ないと突き放す。

海は、たまたま、階段の陰で泣いている誉子を見つける。

ピアノの森 第5巻へ

嘉月堂のプロフィール

TVアニメ『ピアノの森』より、トレーディングアクリルキーホルダーの登場です。

ピアノの森 メタルアートドッグタグ 一ノ瀬海 (キャラクターグッズ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です