ピアノの森 漫画 第5巻 ネタバレ

TVアニメ『ピアノの森』より、トレーディングアクリルキーホルダーの登場です。

ピアノの森 メタルアートドッグタグ 一ノ瀬海 (キャラクターグッズ)


ピアノの森 第5巻

第33話 ウェンディ(11歳 オス)

階段の陰で泣く誉子を海が励ます。

敵は自分だ。自分が一番落ち着く場所をイメージして弾け。とアドバイスする。

このアドバイスは、海が阿字野から受けたアドバイスと同じ。

誉子が落ち着くのはトイレ。しかも、愛犬のウェンディと一緒にいるトイレ。

誉子は髪の毛を結わいていたリボンを解き、ウェンディと同じ茶髪の海を抱き寄せる。

第34話 31番雨宮修平

誉子は、トイレで気持ちが落ち着いた。

海と一緒に会場に向かう。

雨宮の演奏が始まる。

一つのミスもない完ぺきな演奏。

海も誉子もドキドキしながら雨宮の演奏を聴いている。

第35話 33番丸山誉子

雨宮の演奏は一つも減点するところがない。

雨宮は海に勝ったと思う。海も「すっげー雨宮君」と君付け。

誉子の番。

緊張でピアノが歪んで見える。頭の中に愛犬ウェンディがでてくる。

誉子の演奏は、怖いもの知らずの天才ピアニストのよう。

審査員も驚きを隠せない。

演奏がおわった誉子は海に飛びつく。海は椅子からひっくり返る。

第36番 37番一ノ瀬海

海の番が近づく。

海は森をイメージして集中しようとする。

海の番になり、海はピアノに近づく。

ピアノの前に、若いのや、太ったのや、いろんなモーツァルトの幻影が見える。

海が「どけよ」というと、モーツァルトたちが道を開ける。

第37話 37番一ノ瀬海②

海はピアノを弾き始める。

客席にいる雨宮の父親は、海の演奏が阿字野の演奏とそっくりであることに驚く。

雨宮も誉子も審査員も見事な演奏に息をのむ。

しかし、阿字野と海は、海自身の演奏ではないことに気付いている。

海は演奏を中断する。

ネクタイを外し、靴を脱ぎ、アリをピアノに乗せて、アリのために演奏を再開する。

「俺のピアノを弾いてやる」と。

第38話 37番一ノ瀬海③

海の演奏を聴いて、阿字野は、これが海の音だ「お前のピアノだ」という。

幻影のモーツァルトたちも微笑む。

雨宮の父親も「手に負えるものじゃない」という。

雨宮は、完璧に負けたと思う。

第39話 ピアノ弾きの幸せ

会場全体がわき返る。

コンクールなのにアンコールの声が上がる。

雨宮は完敗だと思う。

誉子、レイコは涙を流して喜ぶ。

本選での課題曲がショパンの子犬のワルツだと聞いた海は、本選に出たいと思う。

もう一度観客の前で自分のピアノを弾きたいと思う。

審査員の審査が長引く。

第40話 一番のピアノ

審査の結果、海は予選を通らなかった。

マナーのところで零点だったりする。

コンクールは、いかに楽譜を正確に再現するかに重きをおくので、海の演奏は評価しきれないらしい。

海本人の落ち込みを見て、阿字野はレイコに相談する。

海を世界に出してみないか、と。

ピアノの森 第6巻へ

嘉月堂のプロフィール

TVアニメ『ピアノの森』より、トレーディングアクリルキーホルダーの登場です。

ピアノの森 メタルアートドッグタグ 一ノ瀬海 (キャラクターグッズ)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です