文豪ストレイドッグス 漫画 第3巻 ネタバレ

文豪ストレイドッグスより「太宰治」がスケールフィギュアで登場!

文豪ストレイドッグス 第3巻

第九話 うつくしき人は寂として石像の如く

*青字は感想。

敦は、鏡花を探偵社に連れて帰る。

国木田は、鏡花に上司の名を吐けと迫る。

鏡花は「橘堂の湯豆府を食べたら話す」という。

湯豆府を腹いっぱい食べた鏡花は、自分の上司が芥川であることを明かす。

国木田は敦に、鏡花を軍警に引き渡すよう命じる。行けば鏡花は死罪。

「私をどこに連れて行くの」と言われた敦は、「行きたいところない。たとえば、デート場みたいな」と答える。

「あなたと?」といった鏡花に敦が「うん」といったあとの、鏡花の表情が謎。にらんでいるようでもあるが、そのあとの行動を見ると喜んでいるのか?

鏡花は、敦の手をひき、クレープ屋、ゲーセン、甘味処、公園などを回る。すごい行動力。

今まで、殺し屋稼業で遊びに飢えていたのか。哀れ。

夜になり、鏡花がもう一つ行きたいとことがあると指さしたのは、交番。「もう十分楽しんだから」と。

可哀そうじゃないですか。鏡花さん。自分で生きていることが罪だって・・。

そのとき、芥川の羅生門が敦を背後から貫く。

芥川は、敦と鏡花をマフィアに連れていく。鏡花は任務を果たしたから、処刑などしないという。

鏡花の任務とは、敦をおびき出すための「餌」だと、芥川は言う。

餌って、可哀そうでしょ。芥川。

第十話 Detective Boys

敦がさらわれたことを谷崎が報告する。

探偵社の国木田や乱歩は、さらわれたのは敦の個人的な問題だから探偵社が動くのは筋違いたという。

しかし、福沢の窮地に陥った仲間を助けなければならないという理屈以上に重い理屈はないとの一言で、探偵社が敦の救出に動き出す。

貨物自動車の行方を探り、監禁されていた倉庫を突き止めるも、関係者は口封じに皆殺しにされている。

福沢は、資料をもって乱歩に推理を頼む。

最初から乱歩に頼めばよかったじゃん。ウルトラマンのスペシウム光線、仮面ライダーのライダーキックみたい。

乱歩の推理では、敦は船に乗せられ海上を移動中。

一方、太宰はポートマフィアの芥川に捕らえられている。立ったまま、壁に両腕を拘束されている。

そこに、中原中也が現れる。

中也は、太宰が何か企んでいるとにらんでいる。そうでなければ、こんな簡単につかまるはずがない。

中也は、たくらみを妨害するため、太宰の拘束を外し、自分と戦えという。

第十一話 在りし日の…

中也のパンチは、疾くて強力。

太宰は一方的に殴られる。

中也が太宰にわざと捕まった理由を尋ねる。

一つは、敦に懸賞金70億をかけた人物を探るため。

もう一つは嫌がらせ。

詳しく説明する。太宰は、自分が死んだら、ポートマフィアの秘密がすべてばらされるという手紙を幹部に送った。

手紙への対応を幹部が決定するまで、中也は太宰を殺せない。もし殺せば、中也が組織に反逆したことになる。

もし、組織に反逆して殺しても、自殺マニアの太宰は死ねて喜ぶだけ。

嫌がらせの説明が複雑な割に、そんなに嫌なことかと思う。

中也がお嬢様言葉で「二度はなくってよ。」と言った、理由が全くわからない。

一方、船にとらわれている敦。

鏡花が敦を助けに来る。

芥川が現れ、敦を羅生門で刺し、鏡花にマフィアに戻って殺しを続けろという。

鏡花は「クレープおいしかった。」といい、芥川に拳銃を向け逃がすよう迫る。

鏡花は芥川に捕らえられながらも、武器庫の爆薬に点火し、船もろとも死ぬつもり。

敦を救助に来た国木田がボートに飛び乗るように言うが、敦は、鏡花を助けに行く。

鏡花はよっぽど、敦とのデートが楽しかったんだね。

第十二話 羅生門と虎

敦は、芥川の羅生門に、何度も何度もさされるがそのたびに復活する。

爆発の破片に乗って生き延びて、芥川を殴り、鏡花を助けようとしたら、背後から羅生門で刺される。

背骨貫通してるんでは、普通脊椎動物や終わりでしょうと思うが復活。

芥川は、太宰が、敦が芥川より優秀といったことが気に入らない。敦が憎くて仕方ない。

羅生門彼岸桜という技でめった刺し。

でも予想通り生き返る。結局死なないんでしょとみんな思ってるよね。

また生き返り、腹に大穴が開き、また生き返り、何本も羅生門が刺さっても生き返り、芥川を殴り飛ばす。

やっと終わったよ。ほっと一息。

鏡花に担がれて国木田のボートに乗り命拾い。

一方、太宰はポートマフィアの建物で、敦に70億円の懸賞金をかけた人物達を探り当てる。

今頃、なんなんですが、70億円って半端じゃないですか?

懸賞金を出した人物は、≪時計塔の従騎士≫近衛騎士長 デイム・アガサ・クリスティ爵、地下組織≪死の家の鼠≫頭目 フョードル・ドストエフスキー、能力者集団≪組合≫団長 フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルド。

嘉月堂のプロフィール

文豪ストレイドッグスより「太宰治」がスケールフィギュアで登場!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です