ピアノの森 漫画 第18巻 ネタバレ

TVアニメ『ピアノの森』より、トレーディングアクリルキーホルダーの登場です。

ピアノの森 メタルアートドッグタグ 一ノ瀬海 (キャラクターグッズ)


第157話 ”オリジナル”への反響

*青字は感想。

パン・ウェイの演奏を聴いて、多くの審査員は次のステージ進出にYesと記入し、佐賀は「アンコール」と叫び、阿字野は似ているが技術は自分より上だといい、カイよりも上だという。

第158話 今 ここに懸ける想い

カイは、パン・ウェイの演奏を聴いてぞくぞくした。

そして、自分も今すぐあの舞台に立ちたいと思った。

それを聞いてセローは「正解」といい、阿字野は満足そうな笑みを浮かべる。

一方、雨宮父子。

修平は、パン・ウェイのピアノが阿字野のピアノに似ていることが話題にならないことについて疑問に思っている。

洋一郎は、阿字野のピアノが知られていないからだといい、阿字野にはつらいことだろうという。

修平は、阿字野にはカイがいるから、自分のピアノにこだわりはないと思う。

そして、このコンクールでカイに勝てば、修平と洋一郎のカイへのこだわりも消えると思う。

カイへのこだわりがなかなかわかりにくい。

第159話 敗者が残してくれたモノ

いよいよ修平の演奏が始まる。

修平は、アダムスキの「君がピアノに命を与えるんだよ」という言葉を思い出す。

アダムスキの言葉が修平を落ち着かせる。

第160話 この音楽は何のために

アダムスキは、修平に、何のためにピアノを弾いているのか、織の中で自分に効かせるためにひいているんじゃないだろといった。

その言葉を修平は思い出す。

修平は大勢に聞かせるのではなく、カイだけに聞かせるためにピアノを弾き始める。

洋一郎は、修平のピアノが変わったことに気付く。

第161話 覚醒

カイ、アダムスキ、審査員たち、佐賀、みんな修平のピアノの見事さにう

たれる。

修平は、ピアノと魂がつながっている、と感じる。

洋一郎だけは、修平の変化に不安を持っている。

第162話 僕だけのピアノ

洋一郎の不安が的中し、修平はバランスを崩す。

曲のテンポが速くなる。

アダムスキは、ミスを恐れるな、音楽は言葉と同じ、心を伝えることが一番大事だ、自分自身の言葉でショパンを語ることが大事だと、心の中で声援を送る。

カイは、雨宮のピアノが聞けて本当に良かったと思う。

雨宮は、ミスはしたが自分自身の音をつかんだんだと思う。

第163話 疑雲

修平は、自分のピアノが好きになる。

洋一郎は、修平のミスタッチ、店舗の強さと速さのミスが採点にどう影響するかが気になる。

修平が自分の音を見つけたことに喜んでいるが、洋一郎は修平の得点や次のステージに進めるかが気になる。

次のステージに進めるのは12人。

洋一郎は一人会場に残り、次のステージに進めるのは誰かチェックを始める。

第164話 不安/不信

第2次審査午後の部はぱっとしない。

ポーランド出身者があまりよくない。アダムスキがなぜ落ちたのか、疑惑が再びよみがえる。

審査員同士で点数のやり取りがあるとか、審査員の教え子が優遇されているなどの疑惑がうわさされる。

アルゼンチンのアレグラ・グラナドスは華やかさと力強さで、次のステージへの進出が確実視される。

洋一郎は、翌日最終日の出場者を見て不安になる。

洋一郎が聞いた中では6人が次のステーに進出すると、洋一郎は予想している。

翌日の出場者5人の出場者がもし全員パスし、洋一郎が聞いていない10人の中から一人でもパスすれば修平は落選することになる。

第165話 The day before

第2次審査最終日。

アメリカのダニエル・ハント、韓国のアン・チャンスは見事な演奏で聴衆を魅了した。

第3奏者は、ポーランド期待の新星レフ・シマノフスキ。

第166話 ポーランドのショパン!

レフは姉エミリアのイメージを思い浮かべ演奏をする。

レフの演奏は、模範的なショパン、ポーランドのショパンと、審査員や聴衆を感心させる。

第一次よりさらに上手になっている。

ピアノの森 メタルアートドッグタグ 一ノ瀬海 (キャラクターグッズ)

TVアニメ『ピアノの森』より、トレーディングアクリルキーホルダーの登場です。

ピアノの森 第19巻へ

嘉月堂のプロフィール

TVアニメ『ピアノの森』より、トレーディングアクリルキーホルダーの登場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です