ダイヤのエース 漫画 第16巻 ネタバレ

大人気アニメ『ダイヤのA actII』から「激推し」デザインの缶バッジが登場!

「ダイヤのA actII」 手帳型スマホケース

第130話 揺るぎなく

西東京大会準決勝。

青道対仙泉。

丹波と交代した沢村は、いきなり四球を出す。

仙泉は、スクイズと見せかけたり揺さぶりをかけてくる。

仙泉バッターの振り遅れた打球がセカンドの頭を超え、沢村は、1点を許す。

仙泉が送りバントを決めたとこで、伝令が来るが、沢村に対するものではなく、サードのスキンヘッドをからかうもの。

監督はまだ中盤だからピンチではないと思っている。

キャッチャーの御幸は沢村に、ここでお前のピッチャーとしての質が問われると気合を入れる。

第131話 見えない壁

6回裏仙泉の攻撃 1アウト1,3塁。1打同点のチャンス。

打席は仙泉のエース真木。

1球目は大きなファウルを打たれる。2球目を外に外して、3球目内角高めに投げる。

3球目も大きなファウル。

キャッチャー御幸は、4球目 バッターの胸元へ4シームを要求する。

第132話 決め球

沢村は、足が内側に入りすぎ腕が振り抜けない。

ボールは、外角から真木の胸元へ。

真木は見逃しの三振。

第133話 まだまだや

9回裏 仙泉の攻撃。1点返す。

青道のピッチャーは3番手 川上。

仙泉の先発 真木は、7回に得点を許したところで降板。

真木は、自分が青道に入らなかったことを、声がかからなかったからだと思っていたが、青道のチームに入る勇気がなかったからだと気づく。

負けが決まりそうになり、チームの一員として活躍できなかったことを、申し訳ないと思う。

試合は、8対3で青道の勝ち。

第134話 本命

第2試合は、本命の稲城実業と桜沢の対戦。

稲城実業のエース成宮は、関東一のピッチャーとの評判。

桜沢の選手たちは、自分たちが勝つとはだれも思っていないだろうと思う。

桜沢の監督は、歴史を変える時が来たと、選手たちに言葉をかける。

第135話 夢物語

桜沢高校は、都立唯一のベストフォー。

進学校としては有名だが、20年連続初戦敗退。

桜沢のピッチャー 長緒アキラはナックルボーラー。すべて、このチームの命運は長緒のピッチングにかかっている。

勝つために守備を強化してきた。

長緒は、稲城実業を三者凡退におさえる。

第136話 マウンドの心得

稲城実業の成宮は、桜沢打線を三者凡退に打ち取る。

2回表 稲城実業の攻撃は、4番キャッチャー原田。

長緒のナックルボールをバットに当てたが、内野ゴロでアウト。

5番ピッチャー成宮。

関東ナンバーワンピッチャーとの評判に、長緒が少し動揺するが、「禅のマインド」をとりもどし、成宮を打ち取る。

第137話 堅忍不抜

桜沢の長緒は、ランナーが出ても、盗塁をされても、落ち着いている。

桜沢のナインは、粘り強く、辛抱強く戦っていれば、チャンスは必ず来ると信じている。

稲城実業の成宮は、ハイペースの投球を続け、攻守交代が速い。

桜沢ナインは、成宮からどうやって得点したらいいか、イメージがわかない。

1点もやれないとプレッシャーがかかり、桜沢に初めてのエラーが出る。

第138話 サクラチル

桜沢にエラーが続き、ノーアウト、1,3塁。

桜沢の長緒は、選手をマウンドに集め、誰も自分たちが勝つとは思ってないよと声をかけ、みんなの気分を軽くする。

盗塁されても、長緒は、構わずにナックルボールを投げる。

しかし、稲城実業の4番 原田にホームランを打たれてしまう。

大人気アニメ『ダイヤのA actII』から「激推し」デザインの缶バッジが登場!

「ダイヤのA actII」 手帳型スマホケース

ダイヤのエース 第17巻へ

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です