ダイヤのエース 漫画 第19巻 ネタバレ

大人気アニメ『ダイヤのA actII』から「激推し」デザインの缶バッジが登場!

「ダイヤのA actII」 手帳型スマホケース

第157話 4番として

4回裏 稲城実業の攻撃は2アウト ランナー2塁。

バッターは4番原田。

降谷はたて続けにインコースをせめる。

真ん中に来たスプリットを原田が体勢を崩しながらも、センター前にヒット。

カルロスがホームインし、同点になる。

第158話 くやしいか?

続く成宮の打球はフェンス直撃。

原田がホームインし1点追加。

打った成宮は3塁を狙うが、セカンド小湊の好返球でアウト。

青道は次の回から、降谷にかえ丹波を登板させる。

5回表 青道の攻撃は御幸から。御幸はファウルで粘り、全力で走った成宮を疲れさせようとする。

御幸はチェンジアップが頭にちらつき内角のストレートを空振り。

7番降谷は、左中間真っ二つのツーベースヒット。

第159話 バトン

8番門田は、送りバント成功。

ツーアウト、ランナー2塁。

9番白洲の打球を、ショートが1塁へ好返球し、スリーアウトチェンジ。

5回裏 稲城実業の攻撃。

青道のピッチャーは丹波に交代。降板した降谷はレフトの守備につく。

稲城実業の攻撃は6番山岡。

第160話 生命線

丹波は2球続けてカーブ。外角に投げたストレートがホームランになってしまう。

稲城実業は、丹波の時折甘く入ってくるストレートを狙っていた。

次のバッターは7番平井。

丹波は四球で出塁させてしまう。

丹波は動揺が収まらない。

第161話 回顧

丹波は8番バッターにデッドボール。

ノーアウト 1,2塁。

次のバッターは9番ライト富士川。

バントを決めるが、キャッチャー御幸の好フィールディングで、3塁がアウトになる。

1アウト 1,2塁で、1番バッターカルロス。

初球はボール。2球目は、セーフティバントだが、ファウル。

3球目 御幸はインコースストレートを要求する。

御幸は丹波に気持ちを強くもてと合図をする。

丹波は、監督からいわれた、もっと自分を信じろという言葉を思い出す。

第162話 光

丹波が投げたストレートを、カルロスは打ち上げサードフライ。

2アウト 1,2塁で、2番白川。ファウルで粘り、四球で出塁。

2アウト 満塁。バッターは3番吉沢。

三球三振。

次の回、稲城実業バッテリーは、チェンジアップを多く投げ、青道打線に印象付けることにする。

第163話 苛立ち

6回表 青道の攻撃。

1番倉持は成宮のチェンジアップにタイミングが合わずアウト。

2番小湊は、懸命にヘッドスライディングするもアウト。

3番結城はチェンジアップをとらえたが、打球が伸びずセンターフライ。

倉持は、小湊の足が痛んでいることを、知っている。

この回の小湊を見て、監督に言うべきか迷っている。

第164話 二遊間の

6回裏 稲城実業の攻撃。1アウト2塁。

6番山岡が四球で出塁。

7番平井の打球は、セカンドライナー。2アウト1、2塁。

8番梵の当たりは、三遊間を抜けレフト前ヒット。

2塁ランナーが3塁を回ろうとするが、レフと降谷がホームにダイレクトで返球する。ランナーは3塁にとどまる。

2アウト満塁。

バッターは9番富士川の当たりを、セカンド小湊のグラブがはじく。

そのボールをショート倉持が素手でとり、セカンドフォースアウト。

第165話 ジワジワと

7回表 青道の攻撃。バッターは、4番結城。

結城は成宮のストレートをとらえる。レフトを超えホームランになるかと思われたが、センターカルロスが超ファインプレーで捕球し、アウト。

5番丹波、6番御幸は凡退。

7回裏 稲城実業の攻撃は、1番カルロスから。

大人気アニメ『ダイヤのA actII』から「激推し」デザインの缶バッジが登場!

「ダイヤのA actII」 手帳型スマホケース

ダイヤのエース 第20巻へ

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です