ダイヤのエース 漫画 第20巻 ネタバレ

大人気アニメ『ダイヤのA actII』から「激推し」デザインの缶バッジが登場!

「ダイヤのA actII」 手帳型スマホケース

第166話 リミット

*青字は独り言。

送りバントを処理した丹波の右足がつる。

7回裏 稲城実業の攻撃。

ヒットで出塁したカルロスをバントで送り、1アウトランナー2塁。

丹波はバッターを三振に打ち取る。

次のバッターは4番原田。

第167話 もう一度

原田の打球はいい当たりだが、ファウルになる。

丹波は足が痛み、ひょこひょこ歩く。

丹波は原田を四球で歩かせる。

次のバッターは、5番成宮。

青道は丹波と沢村が交代。

結城は丹波に、もう一度マウンドの立たせてやると声をかける。

第168話 どっちなんだよ

稲城実業の前夜のミーティングでは、沢村は侮れない存在になりつつあると報告される。

成宮は、すげーのすごくねーの、結局、どっちなんだよと思う。

2アウト、ランナー1,2塁。2塁ランナーは俊足カルロス。

沢村は2球続けてインコース。

成宮は沢村の変則フォームに手が出ない。

最後はインコース高めを空振り。

成宮はむきになり高めに手を出してしまった。

第169話 決断

8回表青道の攻撃。

青道の監督は、チェンジアップを捨てる。

バッターは7番レフト降谷。

降谷はカウント2-1からのアウトコース ストレートをライト前ヒット。

次のバッターは沢村。絶妙の送りバントを決める。

第170話 好機到来

9番白洲もヒットで出塁し、1アウト、1,3塁。

次のバッターは1番倉持。

稲城実業のキャッチャー原田は、スクイズを警戒している。

稲城実業の監督も1点は仕方ないといっている。

第171話 後輩達

稲城実業バッテリーは初球アウトコースに投げ様子を見る。

3球目スクイズを仕掛けるが、稲城実業バッテリーは大きく外す。

倉持は何とかバットに当ててファウル。

5球目ボール。伊佐敷がよく見る。

6球目、スリーバントスクイズ。

伊佐敷は低めのボール球を執念でバントし、スクイズ成功。青道は1点返し、1点差になる。

一方、ベンチでは、2番小湊が足のけがのため、自分に送りバントを送ってくれという。

第172話 HERO

2アウト2塁。小湊亮介の代打は、弟の小湊春市。

春市は木製バットを構える。

春市にとって、兄亮介はいつもあこがれの存在だった。

春市は、普通にやっていても兄に追いつけないから、扱い肉木製バットをあえて使い、兄に追いつこうとした。

春市はバットを折りながら、レフト前ヒット。

2アウトランナー1,3塁。

*春市の髪型が変。目が見えないんじゃないか。

第173話 前を打つ男

3番伊佐敷はファウルで粘る。

初球から打ちに行くので大雑把と思われがちだが、実は4番にどうやってつなごうかいつも考えている。

伊佐敷はボールをよく見て、四球で出塁。

次は、4番結城。

8回表 2アウト満塁。

第174話 意地とか誇りとか

結城のテーマソング ルパン三世が流れる。

成宮の初球はフォーク。

2球目 キャッチャーが取り損ねるが、すぐボールに追いつく。

3球目 ストレートをファウル。

大人気アニメ『ダイヤのA actII』から「激推し」デザインの缶バッジが登場!

「ダイヤのA actII」 手帳型スマホケース

ダイヤのエース 第21巻へ

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です