終末のハーレム 第7巻 ネタバレ

M-CARD 終末のハーレム VR~バンドルパック篇~(データカード)[DMM pictures]

第42話 肉の森林

翔太は女子寮の浴場で3人の女子とメイティングをしている。

そこに律香も参加し4人でメイティングをする。

それから、翔太は、図書室、教室、保健室で荒淫の限りを尽くした。

翔太が部屋にいる時、隣の部屋が爆破される。

第43話 外の世界

翔太は病院のベッドで目覚める。

テロリストが翔太を奪おうとして、翔太の部屋の隣室を爆破した。

翔太専属担当官の神谷花蓮は、夜の屋上で、UW世界本部のナンバーワンになりたいのだと打ち明ける。

そのために翔太の協力を求める。

第44話 第4の男

テロリストたちは、コールドスリープから4番目に目覚める男を確保した。

第4の男が入ったカプセルがテロリストたちのアジトに運ばれてくる。

第4の男は木根渕善 30歳。製薬会社の営業担当。

善は、病院の院長に製薬会社を変えると脅される。

同年代の院長の妻のご機嫌を取るために高い酒を持参する。

院長の娘のご機嫌を取るために、アイドルのコンサートのVIP席を手配する。

年下の女性課長のご機嫌を取っているときに、体に痛みが走る。

病院で細胞硬化症と診断され、コールドスリープすることになる。

恋人のミキに子供ができたと打ち明けられ、結婚することにする。

第45話 それぞれの人間模様

結婚式を終えた善は、コールドスリープする。

コールドスリープの直前に、課長がやってきて善におやすみのキスをする。

ミキに見守られコールドスリープする。

善がコールドスリープから目覚めると、自分が岩の上に寝かされていることに気付く。

善は、さるぐつわをかまされ、岩に縛り付けられている。

後ろ手に縛られたまま歩かされる。

ひざまづかされて、額に焼き印を押される。

おんなたちが善を取り囲み、誓いの儀式を始める。

善の前に立っていたのは、課長だった。

第46話 秘儀

課長は、善に聖奴隷となることを誓えという。

課長は、善に乳首と課長の聖痕に口づけするように命じる。

善は、そこにいる全員の女に同じことをして、全員の聖奴隷となった。

次の日、善はテロリストの村はずれの岬の地面に仰向けに寝かされる。手は縛られ紐が気に縛り付けてある。

裸の善の上に、全裸の課長が乗り、聖なる契りがなされる。課長は排卵日なので、確実に子を宿すという。

善は、村の女性全員をはらませるまで同じことを続けるよう、課長に言われる。

第47話 世界本部の企み 前編

UW世界本部のクロエは、怜人たちに、テロリストが日本支部の独裁に反抗して同時多発爆破をしたと説明する。

怜人の恋人である絵理沙はテロリストのメンバーであるとクロエは言う。

朱音が怜人の部屋を訪れる。

盗聴されないように二人はシャワーを浴びながら話をする。

朱音の母は、日本支部の鬼原国務長官。MKウィルス製造の罪で裁かれるようだが、そんなことをする人物ではないと朱音は言う。

朱音は、クロエは信用できないという。

二人のところに、大変だといいながら駆け込んでくる。TVをテロリストがジャックした。話しているのは絵理沙。

絵理沙は、自分たちは世界をUWの支配から解放する集団 イザナミだという。

絵理沙は、UWが怜人以外の活動可能な男性を隠していると話す。

また、大量の人工衛星の残骸から高濃度のMKウィルスが発見されたが、この人工衛星を作った会社の幹部がUW世界本部のトップの一人であるという。

絵理沙は、MKウイルスをばらまいたのは、UW上層部の女たちである可能性が高いと話す。

そして、UWは男性を滅ぼし、女性だけの世界を作ろうとしていると、絵理沙は言う。

第48話 世界本部の企み 後編

絵理沙が、世界の女性たちよ、立ち上がれといったところで、イザナミの電波ジャックは終了する。

怜人はクロエに真偽をただすが、はぐらかされる。

クロエが報告しているUW幹部によれば、イザナミの放送は日本だけに行われていて、何も問題はないという。

朱音は監獄に母であり、UW日本支部国務長官である、鬼原を訪ねる。

怜人は、朱音、マリア、翠にUWを出ようと提案する。

怜人たちが部屋に戻ると、部屋に翔太と花蓮がいる。

M-CARD 終末のハーレム VR~バンドルパック篇~(データカード)[DMM pictures]


嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です