火ノ丸相撲 第4巻 ネタバレ

火ノ丸の象徴でもある技『鬼車』の筆文字をプリントした豪快な一枚

第26番 居心地の悪い場所

五條と草介の試合。

草介は立ち合いに、強力なぶちかまし。

五條は意外にも、持ちこたえる。毎日、火ノ丸のぶちかましを受けているので鍛えられた。

五條は、空手の技を改良した突きを繰り出す。

草介は体勢を崩す。五條が一気に突きを見舞う。

第27番 勝ち続ける者

体勢を崩した草介に五條が一気に突きを見舞うが、いつの間にか土俵際まで追い詰められていた。

五條は再び空手の技を改良した突きを繰り出すが、草介の上手投げで土がつく。

五條は土俵の上で悔しがり審判に注意される。

草介は土俵を降りてから、こんな相撲を持っていては、父に合わせる顔がないと、自分に腹を立てている。

第28番 愚問

決勝トーナメントのくじ引きが行われる。

初戦から火ノ丸と草介が対戦することになる。

相撲雑誌記者の名塚は、火ノ丸はこの試合で二つの山を越えたという。

一つは、中学時代1度も勝てなかった芋村に勝ったことで、過去の自分を乗り越えたこと。

一つは、狩谷との小兵同士の戦いで勝ち、自分の横綱相撲に自信を持ったこと。

そして、草介との試合の意味は、同じ横綱相撲同士での対格差を超えられるかということ。

火ノ丸は3年前に大和国と会っていた。

小学生素も大会において前年度優勝者が土俵入りをすすが、その指導を大和国にしてもらった。

大和国は、火ノ丸になぜ、体が小さいのに、真っ向勝負を続けるのかと尋ねる。

逆に、火ノ丸は大和国に、横綱時代真っ向勝負が信条だったのはなぜかと問う。

大和国は、それが自分の生き方だらと答え、自分の発した質問が愚問であったことに気付く。

第29番 鬼丸国綱と草薙剣

國崎は小関から、日の丸へのアドバイスを求められ、草介はたぶん火ノ丸より強いという。

ここ一番というときに、いつもの力以上の者が出る時がある。國崎は、火ノ丸に本当の実力を見せてもらうことにするという。

五條は、自分は火ノ丸を倒すために相撲をやっているのだから、こんなところで負けるのは許さないと、火ノ丸にいう。

火ノ丸は背負うものが多いほど踏ん張れるといい、土俵に上がる。

火ノ丸と草介の試合が始まる。

立ち合いのぶちかまして火ノ丸が押される。

第30番 鬼丸国綱と草薙剣②

草介は突き押して一気に火ノ丸を土俵際に追いつめる。

火ノ丸は突き返し、ぶちかましで草介の状態を起こしまわしを取りに行った。

火ノ丸の腕を草介が閂で締め付ける。

日の丸はかんぬきをかけられたまま、下手ひねりをかける。技は決まらないが、草介の体勢を崩した。

火ノ丸は、草介のかちあげをくらい、ぐらつくが、草介のまわしをとり、四つに組む。

火ノ丸は下手投げと下手ひねりの合わせ技を、草介は上手投げをかける。

第31番 鬼丸国綱と草薙剣③

火ノ丸の合わせ技は皮肉にも、草介の体勢をよくしてしまった。

草介は、一気に火ノ丸を寄り切る。

相撲においては体格の差は、心だけでは埋められなかった。

第32番 これ以上何を…

土俵を降りた火ノ丸は勝てなかったことを詫びる。

小関は、これ以上何をすれば勝たせてもらえるのかと、内心で思う。

火ノ丸は、小兵を克服するために、3年間頑張ってきた。

ここにきて再び壁にぶつかる。

帰り道、火ノ丸はみんなと別れ、一人公園の木に頭をぶつけている。

そこにレイナが現れ、そんなにつらいならやめちゃえばという。

第33番 何で相撲やってるの?

公園に昔の相撲仲間の辻桐仁が現れる。

むかし、桐仁は火ノ丸に、相撲をやっているのは母親のためかと聞いたことがあった。

火ノ丸の母親は、火ノ丸がいないところで、大きな体に生んでやれなくてごめんねと言っていた。

火ノ丸が母親の病室を訪れたときに、自分の体を誇りに思っているというと、母親は、勘違いするなという。火ノ丸が相撲をやっているのは母親のためではなく、自分が好きだからだろうという。

レイナの何で相撲をやっているのかとの問いにも、火ノ丸は相撲が好きだからだと答える。

公園に現れた桐仁は、火ノ丸にバカなままでも勝てる方法を教えてやるという。

第34番 辻 桐仁

草介は、無断で試合に参加したことを詫びるとともに、インターハイで優勝してから、角界に入ると申し出る。

父親 元横綱 大国は、好きに生きろ 自分で選んだその一足にこそ力は宿る という。

公園で会った翌日、桐仁は、大太刀高校相撲部に入部する。

桐仁は、大太刀高校相撲部に足りないもの、つまり、監督をやるという。

桐仁は、自分の力を証明するために、連れてきた中学生相撲部員を、大太刀高校相撲部に勝たせて見せるといいう。

中学生たちの力は、中の下。

火ノ丸の象徴でもある技『鬼車』の筆文字をプリントした豪快な一枚

火ノ丸相撲 第5巻へ

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です