火ノ丸相撲 第13巻 ネタバレ

火ノ丸の象徴でもある技『鬼車』の筆文字をプリントした豪快な一枚

第107番 三ツ橋螢の相撲

インターハイ団体戦の4回戦からは、5人全員が試合をする。

三ツ橋は初めて土俵に上がる。

三ツ橋が八艘飛びで立ち合い変化することはみんなが知っている。

会場中のみんなが、なまじ強いチームメートがいるために、分不相応な舞台に立っていると考えて、三橋を憐れんでいる。

三ツ橋は立ち合い変化して勝ったとしても、みんなの相撲を汚してしまうのではないかと心配している。

そんな三ツ橋に、ずっと変化する技を磨いてきたんだから、魂がこもっている。心配するなと励ます。

第108番 鳥取白楼高校

天王寺は白楼高校を選んだ理由として、カラフルさと答えている。

白楼高校の先鋒は、小兵ながら、合気道の技を使う。

二陣は正統派の相撲。

中堅は、モンゴルからの留学生。

型にはまらない相撲を取り、絶対王者として君臨してきた。

第109番 横で見てきた男たち

大太刀高校に石神高校が練習相手となることを申し出る。

石神高校としては、全国制覇を狙うためには白楼高校を攻略しなければならない。

そのためには、大太刀高校に白楼高校の全力を出した情報が欲しい。

一方春の大会石神高校は白楼高校と対戦しているので、その情報を大太刀高校に教えてくれる。

お互いの利害が一致し、両校はともに練習することにする。

第110番 童子切安綱と草薙剣

個人戦準決勝。

天王寺と久世草介の対戦。

久世には向かうとろ敵がなかった。

しかし、父 元横綱 大和国から受け継いだ遺伝子が、天王寺は危険であると警告を発している。

一方、天王寺もその本能で、久世に危険性を察知した。今までは王者として受けの相撲をしていたが、攻める相撲をしなければ久世には勝てないと本能が警告を発する。

第111番 童子切安綱と草薙剣②

天王寺と久世の立ち合いは互角。

強引に勝負をかけたのは久世。

天王寺には二つの相撲がある。

一つは王座を奪った攻めの相撲。もう一つは、王座を守る負けない相撲。

天王寺の攻めの相撲は、あまりの凶暴で、対戦したことがある沙田の背筋を凍らせた。

火ノ丸にとって天王寺が最強。しかし、誰も久世の全力の相撲を見たことがない。

第112番 童子切安綱と草薙剣③

サイドの正面衝突は久世が勝った。

久世は、腕を取られながらも天王寺の上手を取る。

小手投げと上手投げの投げ合い。

第113番 「横綱」という力士

久世と天王寺の戦いは、久世が勝利を収める。

天王寺は久世の全力を引き出し、久世は天王寺の全力を引き出した。

久世は天王寺を押し出す。

試合の夜、大太刀高校相撲部のみんなが大富豪をして遊ぶ。

桐仁は、中学時代、一人でとがっていた火ノ丸が、仲間に囲まれて笑っている顔を見て、大太刀高校に入ってよかったなと内心で声をかける。

第114番 インターハイ3日目

久世は天王寺との大戦後、さらに強くなった。

一方、負けた天王寺も新たな怪物となった生まれ変わった。

久世も天王寺も相手を一撃で倒す。

しかし、火ノ丸も団体戦で見事に勝ち進み、存在感をアピールする。

第115番 淡々と…

団体戦準決勝 大太刀高校と白楼高校との試合。

白楼高校は、合気道の榎木、巨体・怪力の首藤、モンゴル相撲のバトムンフ・バトバヤル、国宝 加納、国宝 天王寺。

先鋒戦は、小関対榎木。

立ち合いは榎木の勝ち。

小関は気合でも後れを取ったかに見えたが、しかし、小関は自分の心を燃やすために先鋒を買って出たのであった。

火ノ丸の象徴でもある技『鬼車』の筆文字をプリントした豪快な一枚

火ノ丸相撲 第14巻へ

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です