ダイヤのエース 第35巻 ネタバレ

大人気アニメ『ダイヤのA actII』から「激推し」デザインの缶バッジが登場!

「ダイヤのA actII」 手帳型スマホケース

第302話 初披露

青道と王谷の試合。

1回裏 王谷の攻撃。

先発は沢村。

沢村のボールが走り、2アウトをとる。

チェンジアップを習得したことにより、いつもよりストレートの切れが良くなったのかもと、御幸は考えている。

2アウト カウント1-2で、御幸はチェンジアップのサインを出す。

沢村は力んでしまい、ホームのかなり手前でワンバウンド。

沢村は続くバッターに四球。セーフティバントなどで、2アウト 1,3塁のピンチ。

第303話 歩み

沢村は1塁ランナーに牽制球を投げようとした。

そのとき、サードランナーも走り、沢村は牽制をとめ、ボークになってしまう。

1,3塁ランナーがそれぞれ進塁し、王谷が1点を先取。

2アウトランナー2塁で、続くバッターの打球は、ポテンヒット。

セカンドランナーがホームインし、王谷は1点を追加。

沢村は何とか後続を断ち切りスリーアウト。

第304話 偏差値

4回表青道の攻撃。

ヒットで出塁した白洲を小湊がバントで送り、4番御幸。

カウント2-2で、王谷の投手若林は、投球フォームをサイドスローにかえ、シンカー気味の変化球を投げる。

御幸はピッチャーゴロ。

続く5番前園は、レフトフライで、2塁ランナー残塁。

4回裏 王谷の攻撃。

沢村は手元で動くムービングを生かし、三者凡退に打ち取る。

第305話 糸口

青道は、6番東条の2ベースヒットから、送りバント、犠牲フライで1点を返す。

沢村は、ムービングとストレートを組み合わせ、王谷の打線を封じ込める。

青道の攻撃。

先頭打者倉持は、王谷の若林の初球をはじき返し出塁。

第306話 スタンドの頭脳

2番白洲は、若林の外角ストレートを踏み込んで打ち、1,2番連続ヒット。

青道の次のバッターは、3番小湊。

場面は試合前日に戻る。

渡辺は御幸に、王谷の試合のビデオを見ながら、王谷の守備位置について話す。

王谷は打者のタイプに合わせて守備位置を変えるが、ストレートの時だけ、同じ動きをするという。

小湊は若林のストレートを狙い撃ち、1点を返す。

第307話 ボスゴリ

青道の攻撃。続くバッターは、御幸。

王谷バッテリーは、御幸を敬遠し、ノーアウト満塁。

次のバッターは、前園。

若林は、前園の内角に、ファウルにしかならない、ボールを投げる。

前園は、そのボールを打ち、レフト線ぎりぎりに、ヒット。

前園は体を開かず、ひじをぬいてうった。

青道は、1点を追加。

次のバッター東条は、王谷の守備位置から球種を絞ったが、王谷に裏をかかれアウト。

第308話 Making a Choice

王谷の攻撃。

王谷は、ボールを引き付けるのではなく、手前で振りぬくバッティングに切り替える。

王谷のバッターたちは、外角のボールも引っ張り、ヒットを打つようになる。

1アウト、1,2塁で、王谷の4番春日。

青道の守備陣がマウンドに集まる。

第309話 頼りになるとな?

御幸は、王谷はこの回からポイントを前に切り替え、ストレートに絞ってきているから、アウトローにしっかり投げろと、沢村に指示を出す。

沢村の初球外角低めは、1塁線わずかにファウル。

バッターの春日は、最初から自分の型を持っていた、強打者。

何でもかんでも引っ張るわけではない。

カウント1-2で、御幸はチェンジアップを要求。

沢村は、春日を三振に打ち取った。

第310話 躍動

王道は、沢村のチェンジアップに動揺している。

しかし、若林だけは、マグレの変化球かもしれないから、勝手に相手を大きくするのやはめようと、選手たちを励ます。

弱気にだけはなるな、野球を好きだという気持ちは負けないと、若林は気持ちを強く持ち、青道打線を三者凡退に打ち取る。

7回裏、沢村は内と外に投げ分け、チェンジアップも加わり、三者連続三振に打ち取る。

大人気アニメ『ダイヤのA actII』から「激推し」デザインの缶バッジが登場!

「ダイヤのA actII」 手帳型スマホケース

ダイヤのエース 第36巻へ

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です