ダイヤのエース 第41巻 ネタバレ

大人気アニメ『ダイヤのA actII』から「激推し」デザインの缶バッジが登場!

「ダイヤのA actII」 手帳型スマホケース

第357話 誰が前座だ!

薬師高校の選手たちは、今の監督のおかげで甲子園を目指すことができた。

それまでは練習をさぼることばかり考え、目標を持たずに野球をやっていた。

しかし、轟監督が入り、更に息子の雷市が入ったことで、甲子園を目指すようになった。

薬師高校の攻撃。

1番秋葉はセンター前ヒット。送りバント成功で、ランナー2塁。

次のバッターは3番 三島。

市大三高のピッチャー天久は、次に控える4番 轟雷市を気にしている。

三島はそれが気に入らず、自分が決めてやると意気込んでいる。

第358話 選択肢

天久は三島にデッドボール。

ランナー1,2塁で薬師のバッターは、4番 轟雷市。

落合コーチをはじめ多くの人が、ここは轟を敬遠だろうと予想している。

市大三高の監督の指示は勝負。戦っているのはをしているのは、選手。選手は監督の駒ではないという意味らしい。

第359話 本能のままに

天久の初球スライダーを空振り。

2球目インコース胸元にストレート。3級目のアウトローのストレートを空振り。

4球目インコース ひざ元スライダーを空振り。

天久は轟を三振に打ち取る。

薬師は、2アウトになったものの、ランナー1,2塁で5番真田。

第360話 強欲の類い

真田は野球を楽しめればいいと思っていたが、轟親子にあおられて、全国に行くことを使命のように感じるようになった。

一方、轟監督は真田の才能を見抜き、思わぬ拾い物をしたと、内心喜んでいた。

天久のスライダーに、真田は2三振。

3球目キャッチャーはスライダーを要求するが、天久はストレートを投げたい。2打席ストレートを打たれているので、このままでは終われないと思っている。

ストレートを狙っていた真田は、右中間真っ二つのヒットを打ち、薬師が2点追加し、逆転に成功する。

第361話 魔の一球

天久は次のバッターにもヒットを許し、交代。

天久ふてくされて、勝手にマウンドから降りてしまう。

ベンチから控室に下がろうとする天久に、まだ攻撃が2回あるから、顔を洗って戻って来いと、監督は声をかける。

しかし、薬師の真田は、残り2回を無得点に抑え、薬師高校が決勝戦進出。

第362話 誰かの影響で

落合コーチは、真田の集中力を高く評価し、並みの選手ではないという。

轟を歩かせて、真田で勝負という作戦を考え直さなければならないと考えている。

試合後の夜。青心寮。

降谷は、足の負傷でドクターストップがかかる。

夏の試合で薬師打線を完ぺきに抑えられたのは降谷だけなので、大きな問題。

第363話 この足で

降谷は、ドクターストップにもかかわらず試合に出ると言い張る。

片岡監督は、明日の朝、医者に診てもらおうという。そして、うちのエースだからいてもらわないと困るという。

片岡監督の言葉に、降谷は燃え上がる。

ミーティングで、監督は先発 川上を発表する。

渡辺は、今日の試合で真田がロングリリーフをしたので、先発は、三島、秋葉の可能性が高いが、轟が出てくる可能性もあると予想。

御幸は、勝って甲子園に行こうとあいさつをし、みんながそれにこたえる。

第364話 エールに決まってんだろ

青心寮で、3年生の先輩たちが集まり、絶対勝って、甲子園の切符を監督に突き付けてやれとあおっている。

3年生たちは、川上、降谷などの選手たちに今日の試合の感想を述べ、励ましている。

御幸はクリスに、夏のリベンジ、この試合は絶対に取りますと宣言する。

薬師の選手たちは、試合前日でも、日課の素振りをやっている。

第365話 期待を背負って

薬師の監督は、選手たちにOBに向かって明日の抱負を言うように命じる。

真田は明日は何となく勝つ気がしますと宣言する。

轟雷市は、打席と違って話下手。

どもりながら、みんなと一緒に甲子園に行ってみたいですという。

その姿を見て、真田は、頼一のようなすごいバッターを埋もれさせてはいけない、甲子園に行か投げればならないと使命感に燃える。

監督は、勝って俺を甲子園に連れていけと、げきを飛ばす。

大人気アニメ『ダイヤのA actII』から「激推し」デザインの缶バッジが登場!

「ダイヤのA actII」 手帳型スマホケース

ダイヤのエース 第42巻へ

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です