ダイヤのエース 第43巻 ネタバレ

大人気アニメ『ダイヤのA actII』から「激推し」デザインの缶バッジが登場!

「ダイヤのA actII」 手帳型スマホケース

第375話 コーチャー

青道の片岡監督は、川上、御幸に対し、どのバッターが相手でも絶対に逃げるな、強気の姿勢で行けと指示を出した。

その指示を受けた川上は気持ちが入ったピッチングをし、2回裏 6,7,8番をぴしゃりを抑えた。

3回表 青道の攻撃 1番倉持はショート頭上を抜けるヒット。

2番東条のヒットエンドランが成功。

薬師の守備陣は、倉持がサードに到達しそうなので、サードは諦める。

青道の3塁コーチャーは倉持に対し、腕を大きく振って、バックホームの指示を出す。

第376話 意外な人物

倉持がホームインし、青道は1点追加。

次は3番小湊春市。

春市は、兄の亮介とともに戦いたいと思い革手袋を借りている。

春市は、左中間へツーベースヒット。

次は4番御幸。

ここで薬師は、ピッチャーを轟に交代。

轟の初球は、御幸の顔面近く。

御幸はボールをよけ転倒してしまう。

第377話 急襲

出典 matome.naver.jp

御幸は轟のような配給が読めない投手は苦手だが、みんなで作ったチャンスに打たなければ4番ではないと気を取り直す。

しかし、御幸の打球はショートフライ。

観客席で見ていた、稲城実業の成宮は、御幸は調子を崩しているのかという。

次のバッター前園は、得意のインコースを空振り。

轟のボールは一球ごとにスピードが上がっている。

前園は次のインコースも空振りで、三振。

第378話 すごい奴ら

出典 entameya.net

球場のトイレで、国分シニアの4番 結城将司、大京シニアの奥村光舟、瀬戸拓馬が顔を合わせる。

みんな青道に進学するという。

試合の方は、薬師の1番秋葉がツーベースヒット。ワンアウトランナー2塁。

次のバッターはセカンドゴロ。ツーアウトランナー3塁。

3番三島はライトに大きなあたりを打つが、白洲の守備範囲でアウト。

4回表。ワンアウトランナーなし。バッターは川上。

川上は轟のボールについていき、粘る。

轟のボールが川上の顔面すれすれに来る。

第379話 こっち側

川上は転倒しながら、轟のボールに感心する。

川上は何の特徴もない自分も、ベンチではなくグラウンドで戦いたかった。

川上の打球はピッチャーゴロ。

轟のボールは、打者の手元で暴れながら入ってくる。

スピードがあるので、沢村のクセ球より厄介。

轟は3人でシャットアウト。

第380話 何度でも何度でも

出典 xn--com-3r6gu2x.jp

4回裏 2点を追う薬師高校 打者は4番 轟。

初球は胸元にボール、2球目は低めにボール。

3球目アウトコースいっぱいのストライク。

4球目を轟がソロホームラン。

第381話 爪痕(つめあと)

薬師の次のバッターは5番真田。

真田のヒットでノーアウトランナー1塁。

次のバッターに対し、川上はボールが先行する。

ストライクを一つ取った後の球を、ピッチャー強襲。

取ればゲッツーだが、川上が打球をはじいてしまう。

第382話 悲しき一人相撲

川上がはじいたボールを倉持が素手で取り、そのまま振り返らずにバックトス。

倉持からのボールを小湊がキャッチし、セカンドはフォースアウト。

小湊は素早くファーストに送球し、ファーストもアウト。ゲッツー。

次のバッターに川上はストレートの四球。

川上は次のバッターにデッドボール。

川上は次のバッターにヒットを打たれ同点に追いつかれる。

川上は前の打席で轟の球を打った時のしびれが残っているらしい。

第383話 込めといた

青道は川上から沢村に投手交代。

川上は気持ちを込めたボールを沢村に渡してマウンドを降りる。

片岡監督は、川上に、気持ちは前面に出ていた、しかし、もう少し投げてもらいたかったと声をかける。

川上は、タオルを顔に押し付け、悔し涙を流す。

薬師の攻撃は、ツーアウト、ランナー1,3塁。打者は1番秋葉。

沢村は夏休みの試合で薬師に打ち込まれている。

沢村の初球はインコース低めストライク。

ダイヤのエース 第44巻へ

大人気アニメ『ダイヤのA actII』から「激推し」デザインの缶バッジが登場!

「ダイヤのA actII」 手帳型スマホケース

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です