BUNGO-ブンゴー 第18巻 ネタバレ

BUNGO コミックス キャラアニ通販

*オレンジ色は感想。

第167話 未到の

出典 tetsunandemo.club

静央と上本牧の試合。

4番野田が不調。監督は野田を交代させようとする。

野田の不調は、肩のけがのせいもあるが、ブンゴの凄い投球を見てしまったせいもある。

チームのみんなも自分たちに試合を任せて病院に行くようすすめる。

野田の不調が、ブンゴの才能に触れたからというのが分かりにくいかな。

同じピッチャーなら心が折れたとかいうことがあるかもしれないけど。

第168話 生まれ変わる

出典 yomumiru777.com

監督は野田の父親。

監督は肩を壊して社会人野球を引退した。そして、地元に帰りリトルシニアのチームを立ち上げた。

息子の幸雄は、親の素質を受け継ぎ非凡な才能を現した。

しかし、幸雄の母は野球一筋で家庭や農業を顧みない夫に耐えられず、幸雄を残して出て行った。

幸雄は、野球が嫌いな母にも自分の名前が届くように、野球を頑張ると誓った。

幸雄は、ここで交代したら自分は終わってしまうと思っている。

そして、もし打てなかったら野球をやめるといい、監督に交代を思いとどまるように言う。

チームのみんなも野田の続投を監督にお願いする。

野田は、ここで退いたら、ブンゴに追いつけないと思い、生まれ変わると宣言したわけだが・・・。この人たち中学生だよな。そんなに早くから人生決まるのかという気もしないでもない。

第169話 親父

6回裏 静央の攻撃。1番キャッチャー袴田が、四球で出塁。

2番マコトのヒットで、ノーアウト1,3塁。

3番がフライを打ち上げるが返球が速くランナー返れず。

次のバッターは4番野田。

野田は父親の指導が正しかったことを証明するためにバッターボックスに入るわけだが、そんな急に調子がよくなるものなのか。なるのか?中学生で若いから気の持ちようでガラッと変わるのか?

第170話 ベストスイング

野田の打球は左中間を真っ二つにする。

サードランナーが帰り1点先取。ファーストランナーはホームでタッチアウト。

5番打者の打球はあわやホームランとなるかと思ったが、上本牧の鉄壁の守備に阻まれる。

静央は野田を下げ、選手を交代する。

ブンゴは捕手の1年生米村にど真ん中にだけ構えていてくれという。

グッドタイミングでヒットが出てよかったね。

第171話 巨大な敵

巨大な敵とは、上本牧から見たブンゴのこと。

ブンゴはど真ん中ストレートで、上本牧の3番を打ち取り、4番を追い込む。

ブンゴはここにきて爆発的に成長を遂げている。

何度もしつこいようですが、中学生ですよね。この間まで小学生だったんでしょ。高校生になったらどんなになってしまうんでしょうか。

第172話 1%の可能性

1%の可能性とは、上本牧に逆転の可能性も感じさせてはいけないということ。

ブンゴは、ど真ん中ストレートで、4番、5番も打ちとり、ノーヒットノーランを達成した。

静央が夏季関東大会3回戦を突破した。

ブンゴは調子を上げ、キャッチャー米村にボールが見えなかったほどだが、どういった軌道なのか?なぞ。

第173話 たまたま

ブンゴは、上本牧の選手たちに、ノーヒットノーランに満足していないという。

ブンゴに上本牧を侮辱する気はなかったが、上本牧の選手たちは怒り、ブンゴの胸ぐらをつかむ。

ブンゴは、ノーヒットノーランはたまたまだと思っている。

高校のスカウトたちは、ブンゴの規格外の能力に気付き、野田監督のもとに特待のオファーが殺到した。

ブンゴの目標はもっと高い。えらいですね。少年よ大志を抱け。

第174話 帰還

出典 youngjump.jp

4回戦の冨士ケ丘の先発は瑛太。

瑛太は新球の練習をする。

ブンゴも練習に立ち会う。新球は消えたように見える。

凄い球だが請求が不十分。

一方、冨士ケ丘では河村幸一が練習をしている。

河村は飛距離はプロ級。

中学生でプロ級って・・・。体つきも考え方も大人。正直気持ち悪い。

第175話 勝利条件

出典 youngjump.jp

冨士ケ丘には河村以外にもすごい選手がいる。

紅一点の西浦珠希。三塁手だが投手も高水準でこなす。

エース碓井和孝。味方の失策で大敗しても強靭なメンタルで淡々と投球をこなす。

河村、西浦、碓井は全く協調性がないが、抜群のコミュニケーション能力を持つキャッチャー皆浦純一がチームをまとめている。

河村はいつもあんまんか肉まんを食べていたので、ふざけたキャラクターなのかと思っていた。体を作るために、たんぱく質や糖質を摂取する時期まで考えていたとは。そんな中学生本当にいるんかい?

第176話 借り

出典 youngjump.jp

瑛太と尾野は、冨士ケ丘との試合前日にもかかわらず、新しいボールの練習をしている。

瑛太が何かつかみかけているようだ。ブンゴのど真ん中直球に匹敵するようなすごいボール。

尾野はその瞬間に立ち会いたくて、文句も言わずに練習に付き合っている。

冨士ケ丘では雑誌記者が、選手たちにインタビューしている。

河村がなぜブンゴに注目しているのか。

河村は何事も理屈立てて考えるが、「なんとなく」と答える。そして、自分が美しいと感じた選手は必ずトップクラスになるという。

ブンゴを美しいと感じているらしい。

河村は選手として優れているだけでなく、才能を見る目もある。って、おい。50代の監督か?

BUNGO コミックス キャラアニ通販

BUNGO 第19巻へ

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です