就職しないで生きるには 6

1 「私が総理大臣ならこうする」を読んで

出典:amazon.co.jp

今、大西つねき氏の「私が総理大臣なら」を読んでいます。

お金は銀行が貸し付けることによって生ずることなど、常識を覆す衝撃的な内容です。

すべての悩みは「利子」にあることがわかりました。

また、日本人の生産性は低くないことが書かれています。

日本は政界一の大金持ちなのに全然実感がないのは、稼いだ富をドルですべてアメリカに貸し付けているから。

日本経済が危ない、アメリカ経済が強い。

円は危ない、ドルは強い。

すべて真逆でした。

日本人の生産性が低いとは、低い賃金のまま計算されているから。

そりゃそうーだ。

経済成長が止まったにもかかわらず、経済を拡大しているかのように見せるため、国が借金をして、お金を創造する。

そうすると、利子が発生するから、それを返すために国民は追い立てられるように働く。

生み出した付加価値は、ドルでアメリカに吸い上げられる。

全くアメリカの奴隷ですがね。

2 だから働きたくないんだよね。

二宮尊徳 出典:photo-ac.com

一日8時間、週5日、30年間働くって結構長いよね。

しかも、人生百年時代とか言ってるから、80年くらい働く計算。

これは、もう奴隷だよね。

はたらくことは尊いのか。

もしかしたら洗脳ではないのか。

二宮尊徳とか、マルクスとか、労働は尊いといわれてきました。

二宮尊徳の銅像がある学校もあるそうです。

もしかしたら、これって洗脳じゃないかと疑っています。

はたらかなくて済むんならみんな働かないんじゃないかな。

でも、中には働くことが好きだというい人もいるとは思います。

人それぞれだから。

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です