就職しないで生きるには 15

1 就職しないできるには

就職しないで生きるには 出典:amazon.co.jp

就職しないで生きるには、生活費を低く抑えることが第一歩だと思うんです。

就職して生きている自分が言うと説得力ないと思いますが。

サラリーマンをやっていると、ストレスフルだし、時間の使い方が自分の自由にならない。

そう、自分の自由にならないということが一番ストレスなんでしょうね。

週5日間、奴隷状態で働いて、金曜日の夜が一番楽しい。

奴隷労働から2日間だけ解放される。

で、日曜日の夕方、サザエさんを見ながら憂鬱な気分になる。

憂鬱な気分を吹き飛ばすために、次の週末に楽しいことをしようと計画する。

そうすると、週末には散財することになる。

結局、週5日間の奴隷労働のために、無駄遣いを重ねる。

これって本末転倒じゃないですか。

本来、自分の生活費を稼ぐために働いているのに、その労働がつらくて、それを乗り切るために散財し、また、そのために働く。無間地獄。

週末の散財くらいならまだいいですよ。

30数年働くための苦痛をいやすために、車を買ったり、マイホームを購入したり。

もう、こうなると、どっちが本来の目的かわからないですよね。

生活費を稼ぐための奴隷労働なのか、奴隷労働の苦痛をいやすための消費をするための奴隷労働なのか。

悪循環の鎖を一回断ってみないと、奴隷労働をやめてみないと、何が何だか分からなくなってしまいますね。

友人で会社勤めが面白くないので、会社を辞めて世界一周旅行に出た友人がいました。

私は、将来どう考えているんだろうと思っていました。

その友人は、帰国後、シンガポールの日本の会社に就職し、大金を稼いで、リタイアし、今では、タイあたりで悠々自適の生活をしています。

セミリタイア 出典:daily-ands.jp

真面目に奴隷労働をする必要なんかなくて、適当にうまく立ち回れば、悠々自適の生活を送ることができるんです。

何も無理して、苦行のように奴隷労働をしなくても、いいんです。

2 労働の最強のコスパは

コスパ 出典:photo-ac.com

労働のコストパを考えます。

賃金÷労働量

賃金は変えられません。

もし、労働量が0なら、賃金÷0=∞

そうです、労働のコスパを最大にするためには、労働量をゼロにする。

つまり、働かないことが一番賢い。

そんなことを言うと、不謹慎だという声も聞こえてきそうですが、使用者側もきっと気づいているんです。

ほおっておけば、サラリーマンはさぼろうとする。

植木等のサラリーマンは気楽な稼業ときたもんだを思い出しますが、サラリーマンは本能的に、働かないことが一番得だとわかっているんでしょう。

サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ 出典:aucfree.com

そうさせないように、使用者側は、さまざまな自己啓発本で、サラリーマンを洗脳し、自発的に、サービス残業をするように駆り立てているんではないでしょうか。

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です