メルカリで古本屋 35

今日は4冊発送しました。

今日もお読みいただきありがとうございます。

今日は4冊お買い上げいただきました。

「春宵十話」「寝ながら学べる構造主義」「人生がうまくいく人の自己肯定感」「脱洗脳教育論」です。

「春宵十話」は、数学者岡潔のエッセイです。

この本が売れるとは思いませんでした。

私は、岡潔さんと小林秀雄さんの対談 「人間の建設」の方がわかりやすかったです。

数学者の本を読めば少しは数学がわかるかなと思って読んでみたんのですが、あまり、数学とは関係ありませんでした。

出典 irasutoya.com

よく、もっと数学ができていれば、人生変わっていたよなと思います。

数学ができていれば、医者にもなれたし、エンジニアにもなれたし、数学ができないって本当に人生損していると思います。

出典 irasutoya.com

私は、高校の数学についていけなかったのですが、高校の数学は、数学ではなくて算数なんだそうです。

茂木健一郎さんが言っていました。

数学全体から見ると、高校の数学はありんこ程度だそうです。

注文 ac-illust.com

ということは、私はありんこ以下。

茂木さんがおっしゃるには、数学ができる人は問題演習中心というか、問題演習しかやっていないんだそうです。

数学苦手の自分は真逆、理解する方が中心だと思っていました。

数学ができる人というのは、実践的な人なんですね。

とにかく、理屈よりも、問題を解決することが最優先。

慎重派よりも、大胆に物事に取り組んでいくことが大事なんですね。

前に紹介した友人のタケやんもそんな感じでした。

直観に従って即行動。あれこれ悩まない。

問題が起きたらその時悩めばいいんだという信条です。

私もみならってとにかく行動あるのみ。

今日もお読みいただきありがとうございます。

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA