投資の大原則 ネタバレ

皆さんこんにちは 嘉月堂です。

皆さんこんにちは。

久しぶりの投稿です。

嘉月堂です。

「投資の大原則」という本を読んだので、感想というか、みんな読んだ方がいいよということを書きたいと思います。

おはらしょうすけさん?

親に「株は身上をなくす」と教えられてきました。近所の株で破産した人を、「○○さんは株で身上(財産)をなくした」と散々聞かされてきました。

♬おはらしょうすけさん なんで身上つぶした 朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上つぶした♬

という歌がありますが、「投資=おはらしょうすけ=放蕩者=破産者」というイメージがすりこまれていました。

ところがです。昔、というか高度経済成長期は、貯金の利率が10パーセントだからよかったんですよね。田中角栄の列島改造論のころですかね。皆さんご存じありませんかね。田中角栄首相。日中国交回復をアメリカに内緒でやっちまったもんだから、失脚させられたんだとか?

ロッキード事件っていうやつですね。アメリカ議会発の疑獄事件。

今は高度経済成長時代とは違うでしょ

今は違うでしょ。利子はつかないし、日本の経済成長はないし。貯金したって利子はつかない。

消費税率は上がる、ATM手数料は上がる、貯金は目減りする一方ですよね。

で、資産を増やすんならどうするか。

私は、「リベラルアーツ大学」の動画を見たり本を読んだりしています。

その中でも紹介されているのが、投資信託だったり、ETFだったりするわけです。

貯金だけって時代はとっくの昔に終わっています。

わたくしはとりあえず、積み立てNISAとIDECOをやっています。

投資信託がいいのは分かったんだけど、結局何を買えばいいの?

リベラルアーツ大学で勧められていたので「投資の大原則」を読みました。

投資の大原則

投資の原則はシンプル。

インデックスファンド。分散投資。ドルコスト平均法。など。

アクティブファンドは手数料がかかるから、インデックスファンドに勝てない。

わたくし、生命保険誘導型のファイナンシャルプランナーに相談してしまって、生命保険に加入してしまったことがあります。

そこで「○○○投信」を勧められました。これはこのファイナンシャルプランナーとは利害関係がないので、本心から勧めていたのだと思います。

で、NISAとIDECOに組み入れたのですが、失敗だったと思っています。

全世界型の株式投資信託にしておけばよかった。(´;ω;`)

みなさんも、早いうちから投資してFIREしましょう。

嘉月堂のプロフィール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA